ビジネスでのスケジュール管理にも便利、複数デバイスからアクセスしやすい「Googleカレンダー」

ビジネスでのスケジュール管理にも便利、複数デバイスからアクセスしやすい「Googleカレンダー」

「Googleカレンダー」はグーグルが提供しているカレンダーアプリ。予定入力やリマインダー機能が便利で、プライベートだけでなくビジネスでのスケジュール管理にも向いています。スマホやパソコン、タブレットなどデバイスを問わずにスケジュールの確認や管理ができるのが魅力です。

おすすめポイント
  • さまざまなデバイスから同じカレンダーの編集ができる
  • リマインダー機能はビジネスでの利用に便利
  • 自動でスケジュールを組んでくれる「ゴール」機能

さまざまなデバイスから同じカレンダーの編集ができる

Googleカレンダー

スマホでGoogleカレンダーを開いた

Googleカレンダー

パソコンでGoogleカレンダーを開いた

Googleカレンダーの嬉しいポイントは、同じGoogleアカウントでログインすれば、どのデバイスからアクセスしても同じカレンダーの閲覧と編集ができることです。仕事中にパソコンで予定を書き込み、外出中にスマホでスケジュールを確認するといった使い方ができます。

リマインダー機能はビジネスでの利用に便利

Googleカレンダー Googleカレンダー

左:メニューボタン[]から1日、3日、月など表示を切り替えられる右:「スケジュール」表示では予定がわかりやすい

カレンダーは、1日、3日、週、月単位で表示を切り替えられます。「スケジュール」を選択すると、予定が入っている日がピックアップして表示されるので、素早く予定を確認したいときに役立ちます。

Googleカレンダー Googleカレンダー Googleカレンダー

左:[+]をタップして[リマインダー]を選択中:タイトルや日時を設定して繰り返したい期間を選択する右:リマインダーが追加された。リマインダーに設定した予定は指のマークで表示される

画面右下に表示されている[+]ボタンをタップすると、予定やリマインダーの設定ができます。プライベートだけでなく仕事でも十分使えるので、両方の予定を入力して管理するのもおすすめです。

Googleカレンダー

通知を設定しておけば予定を忘れる心配がなくなる

また、予定を入力する画面から「通知」を設定しておけば、指定時刻にスマホへリマインド通知を届けてくれます。

自動でスケジュールを組んでくれる「ゴール」機能

Googleカレンダー Googleカレンダー

左:[+]から「ゴール」を開くと運動やスキルアップ、身の回りの整理などのカテゴリーから予定を設定できる右:頻度や時間、タスクを実行するのに都合のよい時間などを選んでいくと自動で最適な時間を計算してくれる

日時が確実に分かっている予定であればカレンダーに入力するだけでよいですが、「週に○回」や「1日のうちに○時間」といった、日時指定ができないタスクもあります。そんな時に便利なのが「ゴール」機能です。入力した予定に合わせて最適な時間を見つけ、自動でタスクを実施できる時間を組み込んでくれます。

iOS版アプリ(バージョン 20.45.0)で検証し、レビューしています。

EDITED BY TOKIWA