iOS専用のパワフルな動画編集アプリ「Enlight Videoleap」

iOS専用の多機能動画編集アプリ「Enlight Videoleap」

おすすめポイント
  • ライトユースから本格派まで幅広いニーズに対応
  • モバイル端末向けに設計された扱いやすい編集画面
  • レイヤーを利用した本格的なタイムライン編集が可能
アプリ「Enlight Videoleap」をダウンロード
Enlight Videoleap
基本機能一覧
対応OS iOS
価格 無料(有料版は月額680円)
ビデオカメラ機能 ×
自動編集機能 ×
無料BGM(サウンドトラック) ×
無料サウンド効果 127種類以上
合成機能
再生速度の変更(早送り/スローモーション)
テロップ(文字/字幕)
フィルター

ライトユースから本格派まで幅広いニーズに対応

Enlight Videoleap

「Enlight Videoleap」は、写真加工アプリ「Enlight」シリーズでお馴染みのLightricks Ltd.がリリースしたiOS専用の動画編集アプリです。

Enlightと同様、パワフルなアプリで手軽にビデオ編集がしたいライトユースから、こだわりの映像を制作したい本格派まで、幅広いニーズに対応しています。

Enlight Videoleap

無料版でも基本の編集はおこなえますが、有料版にグレードアップするとより質の高い映像を作成できます。ただ、月額680円と決して安い値段ではないので、3日間の無料体験を経てから検討しましょう。

モバイル端末向けに設計された扱いやすい編集画面

Enlight Videoleap Enlight Videoleap

左:クリップやレイヤーを長押しすると削除・入れ替えができる右:動画間にある「I」ボタンをタップするとトランジションを加えられる

スマホの小さい画面でもサクサク作業を進められよう、極めて直感的に扱えるインタフェースを採用しています。

クリップやレイヤーの移動・コピー・削除などの基本操作は、長押しやドラッグでスムーズにおこなえるので、初心者でも迷わず作業ができるはずです。

Enlight Videoleap Enlight Videoleap

レイヤーの吹き出し部分をタップして編集

BGMにナレーションや効果音をかぶせたり、複数の映像をブレンドさせたりといった複雑な演出も、レイヤーで分かりやすく管理できます。

BGMやテロップ、エフェクトなどの演出はタイムライン上に「吹き出し」アイコンで表示され、タップすると編集できる仕組みです。

レイヤーを利用した本格的なタイムライン編集が可能

Enlight Videoleap

「オーバーレイ」タブのブレンド機能を利用

Enlightと同じく多機能なのがウリで、レイヤーを利用した本格的なタイムライン編集が可能。グリーンバック/クロマキー合成やキーフレームアニメーションなど、さまざまな高性能ツールが揃います。

「オーバーレイ」タブのブレンド機能を使うと、映像と映像、もしくは画像がミックスされて、よりアーティスティックなイメージに仕上がります。

アプリ「Enlight Videoleap」をダウンロード
Enlight Videoleap

iOS版アプリ(バージョン 1.13.10)で検証し、レビューしています。

EDITED BY MOEGI