Androidスマホでアプリをアップデートする方法

アプリを最新バージョンにするには?

Androidのアプリはアップデートすることで、新機能の追加やバグの修正などが反映されます。アプリを常に最新の状態で使うためにも、定期的にアップデートすることが推奨されます。

本記事では、Androidスマホでアプリをアップデートする仕組みについて解説した後、手動でアップデートする手順を紹介します。あわせて、アプリをアップデートできないトラブルについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

Androidスマホのアプリは自動でアップデートされる(初期設定)

Androidスマホ(Google Playストア)では、デフォルトで次の条件を満たしている場合にアプリが自動的にアップデートされる設定になっています。

  • デバイスがWi-Fiネットワークに接続されている
  • デバイスが充電中である
  • デバイスがアイドル状態である(操作をおこなっていない)
  • 更新対象のアプリがフォアグラウンドで実行されていない

Google Playストアでは、1日に1回、端末にインストールしている全アプリをスキャンし、アップデートの有無が確認されます。アップデートがリリースされているアプリを確認した場合、上の条件を満たしたタイミングで更新される仕組みです。

条件やタイミングが合わない場合は、自動アップデートがかかる前に手動でアップデートを済ませることもできます。早く更新したいなら、以下の手順で手動でアップデートしてみましょう。

Androidアプリをアップデートする手順

手動でアプリをアップデートする手順を紹介します。

1. 保存していないアプリのデータを保存する

アップデートのインストールと同時にアプリの再起動がおこなわれ、バックグラウンドで待機中のアプリは強制的に終了します。

テキスト入力や画像編集などの作業中にアップデートをおこなうと、作業途中のデータが消去されてしまうかもしれません。作業中のアプリがある場合は、データを保存してアップデートをしましょう。

2.「Playストア」アプリを起動して「アプリとデバイスの管理」を開く

ホーム画面で「Playストア(Google Playストア)」アプリをタップして開きます。

トップ画面の右上にあるアカウントアイコンをタップし、展開したメニューでアプリとデバイスの管理を選択します。

アップデート可能なアプリがある場合は「利用可能なアップデートがあります」と表示されるので、[詳細を表示]をタップしてください。

なお「すべてのアプリは最新の状態です」と表示されている場合は、手動でアップデートできるアプリはありません。

3. 更新ボタンをタップする

アップデート保留中の状態にあるアプリが表示されます。アプリの横にある更新ボタンを押すと、アップデートが開始される仕組みです。

アップデート前に、追加される機能や変更箇所などを確認したい場合は、保留中一覧でアプリをタップし、「更新の内容」をチェックしてください。

アプリがアップデートできない原因と対処法

Google Play ストアでは、上記の手順でスムーズにアップデートできないケースが少なくありません。

アップデートが見つからない

Google Playストアでは、アプリのアップデートを段階的に公開できるようになっています。そのため、全ユーザーに同じタイミングでアップデートが届かないことも少なくありません。

InstagramやLINEなど多くのユーザー数を抱えるアプリでは、まず一部のユーザーにアップデートを提供し、その割合を徐々に上げていく手法が取られることが多くなっています。

話題になっている新機能が自分だけ使えなかったり、新しい仕様にすぐ変更できなかったりするのは、アプリの提供側が段階的に公開しているためです。自分の元に配信されるまで、時間を置くしかないでしょう。

保留中のまま進まない/インストールが完了せずタイムアウトする

Google Playストアでは、アップデート時に保留中のまま停止する、0%のまま進まない、なかなかインストールが完了せずタイムアウトになる、といったトラブルが発生するケースが少なくありません。

こういったトラブルの原因は、さまざまなことが考えられます。単純に通信環境が不安定だったり、読み込み不良だったりすることもあれば、ストレージ容量が不足している可能性もあります。

以下の記事で、考えられる原因と対処法を確認してみてください。

検証バージョン
Google Play ストア
Android
22.4.25-21
EDITED BY
MOEGI