フリマアプリ「ラクマ」、家事代行や出品代行サービスと連携 家を片付けてフリマ出品まで代理

2019-01-30 17:51
記事タイトルとURLをコピーする

フリマアプリ「ラクマ」、家事代行や出品代行サービスと連携 家を片付けて代理出品まで

楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、家事代行サービス「べアーズ」および出品代行サービス「トリクル」と連携し、片付けや代理出品を一括で提供するサービス「ベアーズ×ラクマ×トリクル 楽ラクお助け隊」の申し込みを開始しました。

売れる、フリマアプリ おすすめ8選を比較【iPhone/Android】

本サービスでは、家の片付けと出品を代行。ベアーズの家事代行スタッフが自宅に訪問し、要望に応じた片付けを実施しますが、その際に発生した売りたいアイテムを、出品代行のトリクルが順次ラクマに出品してくれるというものです。

ベアーズ×ラクマ×トリクル 楽ラクお助け隊

申込受付は2019年1月29日から4月30日まで、提供期間は2019年2月10日から5月31日までの引っ越しシーズン。提供エリアは東京23区内となり、料金は3時間/スタッフ2名で1万7900円(税別、以下同)とスタッフ交通費1800円で、延長30分につき3800円。出品代行の手数料は、売上の30%+購入者への送料となっています。

導入背景には、フリマアプリに関する意識調査を実施したところ、ユーザーがフリマアプリを使うにあたって大変だと感じている点として、出品前の片付け・出品・取引にかかる手間が多く挙げられたことがあるといいます。ちなみに、ラクマは2019年1月15日から匿名配送サービスを提供開始しています。

「メルカリ」と「ラクマ」を徹底比較、売るならどっちのフリマアプリ?