Google、チャットアプリ「Allo」を発表

2016-05-19 7:52
記事タイトルとURLをコピーする

Google、チャットアプリ「Allo」を発表

Googleは米時間5月18日、チャットアプリ「Allo」を発表しました。「Allo」は電話番号をもとにユーザー同士をつなぐシステムで、電話帳に登録した相手とのコミュニケーションが容易になります。チャット機能では、文字の大きさを変更する、投稿する画像に文字を書き込む、スタンプを送るということも可能です。

Google チャットアプリ Allo

「Allo」にはスマート返信機能が搭載されています。既に「Inbox」(Android/iOS)で利用できる同機能は、受信したメッセージに応じて自動で返信を生成するもので、機械学習によって文脈やユーザーの習慣に合わせて返信内容の候補を提示します。「Allo」ではメッセージだけでなく、投稿された画像に対しても返信内容の候補を提示するので、ユーザーは「コメントを選ぶ」機会が増えるでしょう。

Google チャットアプリ Allo

「Allo」は、Google assistant(グーグルアシスタント)に対応します。下の動画のように会話の中で夕食の話題が出たら、近くにあるレストランを探して予約するのも簡単。同様に、会話の中で検索やマップ、YouTubeなどGoogleのサービスにスムーズにつないでくれるので、アプリを起動して調べるという行為を省いてくれます。

Google チャットアプリ Allo

また、セキィリティ面にも配慮があり、Incognitoモードではエンドツーエンドでの暗号化や時限付きメッセージに対応。消去したメッセージは復活することがありません。

「Allo」のAndroid版とiOS版のアプリは今夏にリリースされる予定です。

Google、返信メールを自動で生成する機能を「Inbox by Gmail」に実装へ 機械学習を活用