Twitter、ダイレクトメッセージの文字数制限を140字→1万字に緩和

Twitter

Twitterは、これまで140文字に制限していたダイレクトメッセージ(DM)について、2015年7月から1万字まで緩和することを明らかにしました。

これにより、サービス開始時から続く「140文字」という制限はツイートでは継続されるものの、DMでは撤廃される格好です。最近Twitterは、フォローに関係なくDMの送受信を可能にしたり、グループ内の複数ユーザー間でメッセージを送受信できるグループDMを実装するなどDM機能の充実をはかっており、メッセージングに注力しようとする姿勢が垣間見えます。

奇しくも、7月1日付で同社CEOのDick Costolo氏が辞任するとの発表もあり、Twitterの変革をも予感させます。