Twitter、グループDM機能をリリース 30秒動画の直接投稿も可能に

2015-01-28 8:47
記事タイトルとURLをコピーする

Twitterグループダイレクトメッセージ

Twitterは現地時間27日、グループDM(ダイレクトメッセージ)機能と動画の直接投稿機能を追加したと発表しました。

グループダイレクトメッセージ

グループDMは、グループ内に限られたプライベートな空間において、複数ユーザー間でメッセージを送受信することができる新機能で、従来のDMをグループに拡張したものです。

グループには自分のフォロワーのみを登録可能。これまでのDMでは相互フォローが要件でしたが、グループDMでは他のグループメンバーが招待したユーザーをフォローしている必要はありません。LINEのグループトークと似た仕様です。グループメンバーの上限数は20人。

注意しておきたいのは、グループ内の誰かがブロックしているユーザーをグループDMに招待できないという点。Engadgetによれば、「自分がブロックしているユーザーを誰かが招待してしまいバーチャルな密室で顔を会わせてしまうことはありませんが、一方で普通にフォロワーを呼んだら実はほかの誰かにブロックされていて呼べない場合もあります。」とのことです。

動画の直接投稿

Twitterで、最長30秒の動画を撮影、編集して投稿できるようになりました。

Twitterの動画直接投稿

Twitter for iPhoneではカメラロールから動画をアップロードすることも可能(Twitter for Androidでは、近日中に利用可能)。動画の直接投稿機能は、本日より順次リリースされるいうことです。

Vineの6秒ループ動画と異なり、最長30秒の動画を簡単に投稿できるので、Twitterのタイムラインに大きな変化が起きるかもしれません。