ソフトバンクも通話定額制を導入へ、大手3キャリアともに月額2,700円か

2014-05-31 10:26
記事タイトルとURLをコピーする

Softbank

ソフトバンクも、どれだけ通話しても通話料が定額となる国内通話の定額制新料金プランを導入する。早ければ6月中に始める見通し。日経新聞が31日、報じた。

日経新聞によれば、新料金プランは月額2,700円とドコモと同程度とする方向で調整されているとのこと。KDDI(au)もドコモと同じ月額2,700円で通話定額制を導入する見込みのため、国内大手通信キャリアが通話定額制を月額2,700円でユーザーに訴求することになる。

また、データ通信料金については、ドコモと同様に家族でデータ通信量を分け合うシェアプランを導入する。データ通信量ごとに複数のプランを提供し、家族ごとの利用実態に柔軟に対応する。

ソフトバンクは1月、時間制限と回数制限がある音声定額とパケット定額をパックにした新料金プランの開始を発表したが、その後ドコモの新料金プランに対応するために開始を遅らせていた。