失敗しない、機種変更時にLINEを引き継ぎする方法【iPhone・Android対応】

2016-07-13 21:37

LINE 機種変更 引き継

iPhoneAndroidスマホを機種変更する際、LINEのアカウントを引き継ぎするためには、旧端末で事前にメールアドレス登録もしくはFacebook連携した上で、引き継ぎ許可(2段階認証)の設定をします。その後、新端末でLINEにログインすることで、友達や購入スタンプなどの利用情報をリセットさせずに移行できます。「エラーで引き継ぎできない」「友達が消えた」といった時の対処法も含め、最新版の手順を紹介します。

目次

機種変更時のLINEアカウント引き継ぎ手順は、上掲の目次どおりです。まず、旧端末でメールアドレス登録またはFacebook連携、そしてアカウント引き継ぎ設定をおこない、必要に応じてトーク履歴をバックアップ。新端末にLINEアプリをインストールしてログイン後、スタンプや着せかえ、トーク履歴を復元するという流れになります。

1. 【機種変更前】旧端末のLINEで引き継ぎの事前準備をする

LINEアカウントの引き継ぎにはまず、これまで使っていた端末(旧端末)で「メールアドレス登録」をしておくことが必要です。ただし、メールアドレス登録をせずとも、アカウントが「Facebook連携」されていれば引き継ぎがおこなえます。

1-1. アルバムやスタンプ、ノートは? 引き継ぎできる/できない情報

まずは、機種変更後の新端末へ引き継げる情報と、引き継ぎできない情報があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

引き継ぎ「できる」データ

  • 友だち(ブロック設定も含む)
  • グループ(複数人トークは含まれない)
  • プロフィール情報(アイコン画像やLINE IDなど)
  • ステータスメッセージ(旧ひとこと)
  • ※トーク履歴(同じOS間の機種変更に限る)
  • アルバムやノートに投稿した情報
  • タイムライン/ホームの内容
  • 手持ちのスタンプ、着せかえ(引き継ぎ後、再ダウンロードが必要)
  • 購入済みのLINEコイン残高(同じOS間の機種変更に限る)
  • Keep(キープ)に保存済みのデータ
  • LINE Out(旧LINE電話)のチャージ済みコールクレジット(同じOS間の機種変更に限る)
  • LINE連動アプリ・サービス(LINE Pay、LINE MUSIC、各種LINEゲームなど)の情報

引き継ぎ「できない」データ

  • ※トーク履歴(異なるOS間の機種変更では引き継ぎ不可)
  • 通知音の設定
  • 購入済みのLINEコイン残高(異なるOS間の機種変更では引き継ぎ不可)
  • チャージ済みのLINE Out(LINE電話)のコールクレジット(異なるOS間の機種変更では引き継ぎ不可)

トーク履歴に関しては、旧端末からテキスト形式のファイルとしてバックアップが可能。さらに、同じOS間(Android→AndroidまたはiPhone→iPhone)での機種変更の場合、旧端末でトーク履歴をバックアップしておき、新端末にデータを移行して元通りに復元する方法もあります。

トーク履歴に含まれる写真や動画は、保存せず一定期間が経過していると表示できない場合があります。なお、トーク履歴の引き継ぎには、本稿で紹介するアカウント引き継ぎ操作に加えて、以下の特集で解説しているバックアップ作業が別途必要です。

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法(iPhone・Android対応)

さっそく、メールアドレス登録やFacebook連携、アカウント引き継ぎ設定の方法について、順にみていきます。

1-2a. メールアドレスとパスワードを登録する(Android・iPhone共通)

LINEにメールアドレス登録しておくと、引き継ぎがおこなえるだけでなく、PC版やiPad版のLINE、LINEストア(LINE STORE)も利用できるようになります。なお、メールアドレス登録の解除はいつでも可能です。

LINE 機種変更 引き継ぎ

LINEの[その他]タブから、[設定]→[アカウント]→[メールアドレス登録]と進みます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

登録したいメールアドレスと任意のパスワード(LINE用パスワード:英数字で6文字以上)を入力し、[確認]をタップ。

メールアドレスはGmailなど、キャリアメール以外のアドレスを利用したほうがベターです(フィルタで登録確認メールが受信できないことが多いため)。

LINE 機種変更 引き継ぎ

設定したメールアドレス宛てに、LINEから上のような登録確認メールが届きます。

認証番号が記載されていますので、これをLINEに入力します。

LINE 機種変更 引き継ぎ

LINEに戻ったら、先ほどの認証番号を入力して[登録する]をタップ。

認証番号が届かない場合、迷惑メール設定などに掛かっていないかを確認しましょう。また、[認証番号再送信]メニューから再送信などもおこなえます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

登録が完了したら、[確認]をタップします。

LINE 機種変更 引き継ぎ

登録後も、メールアドレス変更や登録解除、パスワードの変更などがおこなえます。

変更や解除だけでなく、新端末でのLINEログイン時にパスワードの入力が必要となるので、忘れないように必ずメモなどを残しておきましょう。

1-2b. Facebook連携する場合(Android・iPhone共通)

LINEでFacebook連携をおこなうと、LINEのトークで友だちに送ったメッセージやタイムラインに投稿した内容がFacebookにも投稿されてしまうのでは、と心配する人もいるかもしれません。しかし、LINEのFacebookアカウント連携で扱う情報は名前、Facebook ID(メールアドレスなど)、プロフィール画像のみとなり、そうした心配は無用です。

なお、すでにLINEでメールアドレス登録済みの人は、機種変更時の引き継ぎに際してFacebook連携をおこなう必要はありません。ただし、メールアドレスによる新端末でのLINEログインがうまくできなかった場合に、Facebook連携をしてあると救済策になり得るので、差し支えなければ連携しておくのもアリでしょう。

LINE 機種変更 引き継ぎ

まず、LINEアプリの「その他」タブから[設定]→[アカウント]と進みます。

Facebookの項目にある[連携する]をタップします。

LINE 機種変更 引き継ぎ

Facebookアプリ(またはSafariなどのブラウザ)が起動するので、Facebookに登録しているメールアドレスとパスワード(Facebookアカウント)を入力し、Facebookにログインします。

LINE 機種変更 引き継ぎ

LINEがFacebook連携によって、(Facebookの)メールアドレスなどを利用することの確認が表示されます。

問題なければ、[OK]をタップ。

LINE 機種変更 引き継ぎ

Facebook連携が完了します。Facebookの項目は[解除]の表示に変わっているはずです。

連携の解除も、このボタンをタップして随時おこなえます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

ただし、LINEで電話番号による認証をしていない場合は、LINEアカウントはFacebookアカウントのみに紐付いている状態です。

この場合、Facebook連携は解除できません。

1-3. 2段階認証(アカウント引き継ぎ設定)を準備する(Android・iPhone共通)

機種変更でアカウントを引き継ぐためには、旧端末で事前に「アカウント引き継ぎ設定」が必要です。いわゆる、2段階認証と呼ばれるステップです。

LINE、アカウント引き継ぎ方法を一部変更 機種変更時に旧端末での「許可」が必要に

当初は電話番号が変更になるユーザー、またはFacebook認証(ログイン)のみでLINEを利用している場合のみ対象でしたが、現在は全ユーザーにアカウント引き継ぎ設定が要求されるようになりました。

LINE 機種変更 引き継ぎLINE 機種変更 引き継ぎ

設定の手順は、機種変更前のLINEで[その他]タブから[設定]→[アカウント引き継ぎ設定]と進み、[アカウントを引き継ぐ]の項目をオンにします。設定後、24時間以内にアカウントを引き継がなかった場合は再びオンにする必要があります。

「必要な場合以外は絶対に設定を変更しないで下さい」と記載されていますが、要は向こう24時間、あなたのメールアドレスとパスワードを知っている悪意の第三者にログインを許す状態になるため、みだりに設定をいじらないよう、こうした表現となっています。

LINE 機種変更 引き継ぎ

機種変更によるアカウント引き継ぎに伴って設定が必要になる場合は、特段気にすることなく、[アカウントを引き継ぐ]設定をオンにして問題ありません。ちなみに設定をオンにしても、すぐに手動でオフにすることも可能です。

1-4. トーク履歴をバックアップして引き継ぎ、元通りに復元したい場合

トーク履歴を新端末へ引き継ぎ・復元できるのは、iPhone同士もしくはAndroid同士で機種変更(引き継ぎ)する場合に限られ、特にAndroidでは作業にコツが必要です。トーク履歴も引き継いで復元したいという人は、下記の(1)~(3)の特集を参考にしてください。

LINE 機種変更 引き継ぎ トーク履歴

(1) PCが使えることを前提として、iPhone版ではiTunesを経由した方法を、Android版ではバックアップしたトーク履歴ファイルをPCを介して移行する方法を解説しています。iTunesでは、別のアプリなども同時に引き継ぎ可能です。

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法(iPhone・Android対応)

(2) iPhone版LINEでは、iCloudにトーク履歴をバックアップしておき、新しいiPhoneでそれをLINE上に復元することができるようになりました。PCを必要とせず、iPhoneだけで作業を完遂できる便利な方法です。

【iPhone】LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップして引き継ぎ/復元する方法と注意点【PC不要】

(3) Androidスマホだけで(PCなしで)LINEのトーク履歴を引き継ぎたい場合、LINEのクラウドストレージ機能「Keep」を利用したバックアップとデータ移行が、比較的シンプルな方法として考えられます。

【Android】LINEでトーク履歴をKeepにバックアップして引き継ぎ/復元する方法【PCなし】

※iPhoneとAndroid間の引き継ぎでは、トーク履歴を新端末へ引き継ぎ・復元できません。そのため、トークをテキスト形式やスクリーンショットで保存する方法を紹介しています(下記1-6)。

1-5. トーク履歴をテキストやスクショで保存する(iPhoneとAndroid間の引き継ぎ)

ここでは、新端末のLINEでトーク履歴の復元はおこなわない(引き継がない)ケース、もしくは異なるOS(iOS/Android)間での機種変更を前提として、テキスト形式のファイルやスクリーンショット(スクショ)でトーク履歴を保存する方法を紹介します。手順はAndroidとiPhoneで少し異なります。

なお、アカウントだけでなく、トーク履歴も新端末へ引き継ぎたい場合は、上述の「トーク履歴も引き継ぎ、元通りに復元したい場合」を参照。

Android版LINEでトーク履歴をテキスト保存する方法

LINE 機種変更 引き継ぎ

これまでのトークから、履歴を保存したいトークを選んで開きます。

トーク画面右上にある[V]マークから、各種メニューを表示させ[トーク設定]をタップ。

LINE 機種変更 引き継ぎ

トーク設定の画面で[トーク履歴をバックアップ]をタップします。

ここでは、[テキストでバックアップ]を選んでおきます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

共有に使いたいアプリをタップ。

メール以外も選ぶことができますが、例として一般的な「Gmail」を選択します。

LINE 機種変更 引き継ぎ

Gmailアプリのメール作成画面に移行し、トーク履歴がテキストファイルとして添付されます。

ファイルを送りたいメールアドレスを入力して送信(または下書き保存)すれば、トーク履歴の保存は完了となります。

LINE 機種変更 引き継ぎ

また、Evernoteのようなアプリにトーク履歴を保存するのも便利です。

先ほどの手順の[トーク履歴をバックアップ]をタップ後、共有アプリに[Evernoteに追加]を選んでみましょう。

LINE 機種変更 引き継ぎ

すると、Evernoteのノートにテキストファイルが添付される形で保存されます。添付ファイルの[:]ボタンをタップし、[表示]を選択して閲覧できます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

トーク履歴は、テキストビューアを通じて確認することになります(ここではHTMLビューアを利用)。

LINE 機種変更 引き継ぎ

このように、テキストベースのトーク履歴が保存できます。

残念ながら、スタンプや写真などの保存や閲覧はおこなえません。

iPhone版LINEでトーク履歴をテキスト保存する方法

iPhoneのLINEでトーク履歴を保存するのも、Androidの手順と基本的には変わりません。

LINE 機種変更 引き継ぎ

これまでのトークから、履歴を保存したいトークを選んで開きます。

トーク画面右上にある[V]ボタンから、各種メニューを表示させ[設定]をタップ。

LINE 機種変更 引き継ぎ

[トーク履歴を送信]をタップすると、[メールで送信][その他アプリ]のメニューが表示されます。

メールで送りたければ[メールで送信]、Evernoteなどで保存したければ[その他アプリ]をタップします。

LINE 機種変更 引き継ぎ

[メールで送信]を選ぶと、iPhoneのメール作成画面に移行。トーク履歴のテキストファイルが添付された状態になります。

ファイルを送りたいメールアドレスを入力し送信(または下書き保存)すれば、トーク履歴の保存は完了。

LINE 機種変更 引き継ぎ

また、[その他アプリ]を選ぶと、別の共有できるアプリが表示されます。

たとえば、[Evernote]を選択してみます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

すると、Evernoteのノートにテキストファイルが添付される形で保存されます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

添付ファイルをタップするだけで、テキストでのトーク履歴を確認できます。

ただし、スタンプや写真、アルバムなどのデータの保存・閲覧はできません。

スクリーンショットとLINE Keepを活用したトーク履歴のバックアップ(iPhone/Android共通)

ここまでは、トーク履歴をテキスト形式でバックアップする方法を紹介しました。しかし、スタンプなどは表示できず、LINEトークのデザインも失われるため、ちょっと寂しい形で保存されることになります。

そこで、発想を転換。過去トークの「思い入れのある部分」だけスクリーンショット(スクショ)を撮影して引き継げば、肝心の部分だけでもそのままのイメージで残せます。ここでは、スクショをLINE Keepに保存する方法をトーク履歴のバックアップ&引き継ぎ術の一つとして提案します。

LINE 機種変更 引き継ぎ

まず、保存したいトークの部分を表示させ、スクリーンショットを撮影します。通常、iPhoneでは「ホームボタン+電源ボタン」、Androidでは「電源ボタン+音量下げボタン」を同時押しすると撮影できます。

iPhoneでスクリーンショットを撮る方法まとめ──無音撮影、ページ全体が撮れるアプリ、できない時の対処法まで

Androidスマホでスクリーンショットを撮る方法──ページ全体をキャプチャできるアプリやNow on Tapによる撮影も

LINE 機種変更 引き継ぎ

この時点でスクショは撮影した端末(旧端末)に保存され、カメラロール(ギャラリー)から閲覧することができます。加えて、これをLINEのKeep(キープ)に保存しておけば、新端末にLINEを引き継いだ後も、すぐにLINEで確認することが可能になります。

友だちリストから自分を選んで、プロフィールのポップアップから[Keep]をタップしましょう。

LINE 機種変更 引き継ぎLINE 機種変更 引き継ぎ

Keepの画面が開くので、[+]ボタンをタップ。

Keepにスクショをアップロードするため、メニューから[写真を選択]をタップします。

LINE 機種変更 引き継ぎLINE 機種変更 引き継ぎ

保存したいスクショ画像を選択し、[選択]ボタンを押します。

Keepにスクショ画像がアップロードされます。ファイル名はリネームできませんが、タグ付け機能などを活用して整理するのもよいかもしれません。

LINE 機種変更 引き継ぎ

これにより、LINEアカウント引き継ぎ後の新端末でも、LINEのKeepメニューからいつでもトーク履歴(スクショ)を閲覧できるというわけです。

ちなみに、LINEのKeep機能についての詳細は、下記の特集で解説しています。

LINEのKeep(キープ)機能の使い方:写真や動画、ファイルなどをLINE内に保存できるストレージ

2. 【機種変更後】新端末のLINEにログインしてアカウントを引き継ぐ

新端末にLINEをインストールして起動したら、新規登録ではなく、旧端末で登録したメールアドレスとパスワードを入力し、LINEへログインします。ログイン後は、端末の電話番号認証をおこない、スタンプや着せ替えなどのデータ復元をして、引き継ぎ完了です。

また、Facebook認証のみでLINEを引き継ぐ場合の手順は、後述します。なお、新端末のLINEにログインすると、旧端末ではLINEを利用できなくなります(※ただし24時間以内であれば、旧端末で同じアカウントを利用できるようになっています)。

2-1. メールアドレス・パスワードでログイン(Android・iPhone共通)

LINE 機種変更 引き継ぎ

LINEを新端末にインストールしたら、さっそく起動します。

[ログイン]をタップ。[新規登録]を選択しないように注意。

LINE 機種変更 引き継ぎ

旧端末で登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

「確認」ボタンをタップ。

LINE 機種変更 引き継ぎ

旧端末でLINEが使えなくなり、(バックアップをとっていない)トーク履歴が削除される旨の案内が表示されます。前章で述べてきたような、旧端末における引き継ぎ準備ができていれば、[確認]をタップします。

この時、旧端末のLINEへ公式アカウント(LINE)から「他のスマートフォンであなたのアカウントが使用されようとしています」というメッセージが届きますが、もちろん自分で操作していることなので、そのまま手順を進めましょう。

2-2. 電話番号で認証をおこなう(Android・iPhone共通)

LINE 機種変更 引き継ぎ

電話番号認証の画面に移ったら、新端末の電話番号を入力し[次へ]をタップ。

電話番号が変わった場合は、新しい電話番号を入力しましょう。

LINE 機種変更 引き継ぎ

SMSで認証番号を取得して入力するか、音声通話による認証(新端末に電話がかかってきます)をおこないます。

4ケタの認証番号を入力し、[次へ]をタップします。

2-3. 2段階認証(アカウント引き継ぎ許可)をおこなう(Android・iPhone共通)

LINE 機種変更 引き継ぎ

旧端末で事前に「アカウント引き継ぎ設定」をおこなっていない(設定がオフ)場合には、上掲のような「アカウントの引き継ぎを続けるためには?」という2段階認証の画面が表示されます。

旧端末がまだ使える時は、旧端末のLINEの「その他」タブから[設定]→[アカウント引き継ぎ設定]と進み、[アカウントを引き継ぐ]の項目をオンします。その後、新端末のLINEで[続行]をタップし、次のステップに進めます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

もしくは、新端末のLINEで[認証コードを受け取る]を選択し、LINEに登録していた電話番号宛に届く認証コードを新端末のLINE上で入力することにより、引き継ぎを進めることも可能です。

このほか、これまでPC(パソコン)版LINEを利用していたなら、[認証コードを受け取る]を選択すると、PC版LINEのトーク上に認証番号が送られてくるので、そこで認証コードを確認することも可能です。

LINE 機種変更 引き継ぎ

すでに旧端末が使えない場合は、[上記の方法が利用できない場合]を選択し、LINEに登録してあるメールアドレスを入力します。

※この手順は、現在提供されなくなったようです。

LINE 機種変更 引き継ぎ

(新端末で)そのメールアドレス宛てに認証URLが届いたら、タップして本人確認をします。

再度、LINEを開いて[アカウントを引き継ぐ]ボタンを選択し、引き継ぎを進められます。

2-4. 友だち追加と年齢認証に関する設定(Android・iPhone共通)

LINE 機種変更 引き継ぎ

続いて、[友だち自動追加]と[友だちへの追加を許可]のオン/オフを設定します。

LINEの「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」の違い

後からでも設定できるので、すぐに判断できかねるなら、とりあえず両方のチェックを外しておけば問題はないでしょう。画面最下部の[確認]ボタンをタップ。

LINE 機種変更 引き継ぎ

ID検索を利用するための年齢確認の案内が表示されるので、必要に応じて確認作業をおこないます。

後からでも確認はできるため、とりあえず[スキップする]をタップしておいて支障ありません。

この時点で旧端末のLINEが使えなくなる

LINE 機種変更 引き継ぎ

LINEではPC・タブレットとの併用を除いて1アカウント1端末の方針を採用しており、同一アカウントに複数のスマートフォンから同時にアクセスすることはできません。

このため、アカウント引き継ぎにおいて新端末のLINEで年齢確認のステップが完了すると、旧端末のLINEは上掲のような表示に切り替わり、旧端末では同アカウントでLINEが利用できなくなります。

2-5. 購入したスタンプ・着せかえを復元する(Android・iPhone共通)

LINE 機種変更 引き継ぎ

旧端末で利用していたスタンプは、再ダウンロードが必要です。

LINEの[その他]タブから[設定]→[スタンプ]→[マイスタンプ]と進みましょう。

LINE 機種変更 引き継ぎ

マイスタンプの画面で、これまで購入したスタンプが表示されます。個別または一斉に再ダウンロードが可能です。

購入済みの「着せかえ」に関しても、LINEの[その他]から[設定]→[着せかえ]→[My着せかえ]と進み、スタンプと同じように再ダウンロードをおこないます。

Facebook認証でログインする場合(Android・iPhone共通)

LINE 機種変更 引き継ぎ

まず、旧端末のLINEでFacebook連携していることが前提です。

新端末のLINEを起動したら、最初の画面で[ログイン]をタップします。

LINE 機種変更 引き継ぎ

[Facebookログイン]のボタンをタップします。

LINE 機種変更 引き継ぎ

Facebookアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をタップ。

LINE 機種変更 引き継ぎ

旧端末でLINEが使えなくなり、(バックアップをとっていない)トーク履歴などが削除される旨の案内が表示されます。

[削除して認証する]をタップします。

LINE 機種変更 引き継ぎ

旧端末で事前に「引き継ぎの許可」設定をおこなっていないと(設定がオフ)、上掲のような画面が表示されます。

旧端末がまだ使える時は、旧端末のLINEの「その他」から[設定]→[2段階認証]と進み、[アカウントを引き継ぐ]の項目をオンします。その後、新端末のLINEで[続行]をタップすればOKです。

LINE 機種変更 引き継ぎ

もしくは、新端末のLINEで[認証コードを受け取る]を選択し、旧端末のSMSやLINEで受け取った認証番号を新端末のLINEで入力することにより、引き継ぎを進めることも可能です。

LINE 機種変更 引き継ぎ

すでに旧端末が使えない場合は、[上記の方法が利用できない場合]を選択し、LINEに登録してあるメールアドレスを入力します。

※この手順は、現在提供されなくなったようです。

LINE 機種変更 引き継ぎ

(新端末で)そのメールアドレス宛てに認証URLが届いたら、タップして本人確認をします。

再度、LINEを開いて[アカウントを引き継ぐ]ボタンを選択し、引き継ぎを進められます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

ID検索を利用するための年齢認証の案内が表示されるので、必要に応じておこないます。後からでも認証はできるので、[スキップする]をタップしておいても問題ありません。

スタンプや着せかえの復元については、前述(メールアドレスによるアカウント引き継ぎ時)と同じ手順でおこなえます。

3. 引き継ぎできない/失敗した時の対処法(Android・iPhone共通)

エラーなどでLINEの引き継ぎができない、あるいは失敗してしまっても、以下にまとめたような対処を適切におこなえば、データを失わずに解決できることがあります。あきらめずに、トライしてみましょう。

3-1. ログインできない場合(パスワード/メールアドレス忘れ)

LINE 機種変更 引き継ぎ

新端末へのログイン時には、事前に旧端末で登録したメールアドレスとパスワードなどが求められます。これらを忘れてしまい、ログインできないことがよくあります。

メールアドレスがわからない場合

解決策1:Facebookアカウントによる認証でLINEにログイン
これまで使っていた端末(旧端末)のLINEで「Facebook連携」が済んでいる場合は、メールアドレスが使えなくても、FacebookアカウントによってLINEにログインすることが可能です。

解決策2:登録メールアドレスを変更・確認する
旧端末がまだ使えれば、LINEのメールアドレス登録をやり直してみるという方法があります。まだメールアドレス自体を登録していなかったという場合でも、ほぼ同じ手順でメールアドレス登録をおこなうことができます。

パスワードを忘れてしまった場合

解決策1:ログイン画面からパスワードを再設定する
旧端末のLINEでメールアドレスとパスワードの登録が済んでいるものの、パスワードがわからなくなってしまった時は、新端末でログイン画面からパスワードを再設定しましょう。

解決策2:Facebookアカウントによる認証でLINEにログイン
パスワードを登録していなかった場合は、当然ですがメールアドレスを登録していなかった時と同じ対処法、すなわちFacebookアカウントによる認証によってLINEにログインする方法があります。

具体的な手順については、下記の特集で詳説していますので、参考にしてください。

LINEの機種変更で「失敗」「引き継ぎできない」時の対処法まとめ──パスワード・メールアドレス忘れ、電話番号エラー、2段階認証、トーク履歴など

3-2. 電話番号による認証ができない場合(正常に処理できませんでした等)

LINE 機種変更 引き継ぎ

とりあえず試したい応急処置として、「少し(1日程度)時間を置いてから再度ログインしてみる」「LINEアプリまたは端末の再起動」「LINEアプリのアンインストールと再インストール」といったことが挙げられます。

これらで解決できない時は、LINEへ直接問い合わせるのが近道。公式ヘルプセンターから「問題報告フォーム」へ進み、自分の利用環境やエラー内容を詳しく伝えましょう。返事を約束できるものではないとされていますが、解決に努めてくれる可能性があります。

具体的な手順については、下記の特集で詳説していますので、参考にしてください。

LINEの機種変更で「引き継ぎできない」時の対処法まとめ──パスワード・メールアドレス忘れ、電話番号エラーなど

3-3. 友達リストが消えた? 復元のために試したい対処法

ログインおよび電話認証できたにもかかわらず、新端末でLINEを起動したら「友達リストが消えていた…」という報告が時折みられます。アプリまたはOSで正常な処理ができなかったことが原因と考えられますが、ケースバイケースで細かい検証は困難です。

アプリを再インストールしてみる

旧端末においてメールアドレス登録またはFacebook認証が完了しているなら、LINEアカウント自体は使えます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

そこで、新端末で友だちリストが消えてしまっている状態のまま、いったんLINEアプリをアンインストールし、再びインストールし直してからログイン作業をやり直すことで復元できることがあります。

Androidなら、Google PlayでLINEのページにアクセスすると[アンインストール]ボタンが表示されているので、これをタップしてアンインストール。その後、[インストール]ボタンに切り替わったら、LINEを再インストールしましょう。

LINE 機種変更 引き継ぎ

iPhoneなら、ホーム画面でLINEアプリを長押しして表示された×印をタップすることでアンインストール。App Storeから再びLINEアプリをインストールします。

アプリ再インストール後のログイン手順は本稿2章で紹介している通りです。

3-4. 購入済みアイテム(スタンプやコイン等)が引き継げない場合

LINEのアカウント引き継ぎに失敗してしまった場合でも、問い合わせることでアイテム移行に対応してもらえる場合があります。LINEアプリのインストールを完了してから、下記よりLINEへ申請しましょう。

問題報告フォーム│LINE(ライン)

引き継ぎ可能なのは、LINEスタンプと着せかえを利用する権利(プレゼントスタンプを含む)、課金アイテムの購入履歴やコイン残高、LINEストアから購入したクレジット残高です。申請では、発生した問題の状況や消失したアイテム名をはじめ、LINEに登録したことがある電話番号やメールアドレスなどを報告します。

ただし、異なるOS間(iPhone→Android、Android→iPhone)では、もともとコイン残高を引き継げません。また、友だちやトーク履歴、グループのデータなどの移行は依頼できないため、その点は注意が必要です。