ZEPETO(ゼペット) で”盛れる”写真の加工テク──背景やフィルタの効果的な使い方から、フォトブースの基本の遊び方まで解説

2019-01-17 13:40

ZEPETO(ゼペット) 「盛れる」写真の加工テク フォトブースの使い方も解説

InstagramやTwitterで話題になり、ますます注目を浴びている「ZEPETO(ゼペット)」。自分そっくりなかわいい3Dキャラクターを作ったら、フォトブースで写真を撮ってみましょう。

基本的なフォトブースの使い方から、写真・加工アプリ「SNOW」を使ったオリジナリティのある写真の作り方までを解説します。背景や小物、加工をうまく利用して、ゼペットで盛れ写真を撮影してみてください。

なお、基本的なゼペットの楽しみ方は以下の記事でも紹介しています。

話題のアプリ「ZEPETO(ゼペット)」でインスタ映え写真を撮るには? 3Dキャラの作り方から、おしゃれに必須のコインを貯める方法まで

 

まずはフォトブースを使いこなす

まずはフォトブースを使いこなす

自分のゼペットの服やメイク、ヘアスタイルをカスタマイズしたら、さっそくフォトブースで映え写真を撮っていきます。

ゼペット撮影

画面左下の「写真」タブからフォトブースへ移動ができます。ピンショットから大人数まで、さまざまなポージングが揃っているので、気になったポーズをタップしましょう。

まずはフォトブースを使いこなすまずはフォトブースを使いこなすまずはフォトブースを使いこなす

ピンショットの場合、1人でポージングを撮っている写真をタップ→撮影するゼペット(デフォルトは自分)にチェックを入れて、右上の[完了]を押してください。2人以上の複数人で撮影する場合は、他のゼペットをフォローする必要があります。

複数のゼペットと撮る方法

フォトブースには、2人以上のメンバーが必要なショットもたくさんあります。他のゼペットと写真を撮るためには、一緒に撮影したいゼペットをフォローする必要があります。

複数のゼペットと撮る方法複数のゼペットと撮る方法

画面左下の虫眼鏡アイコン→「ワイワイ!」から自分以外のゼペットに出会うことができます。右上にある[全部みる]やカミナリマーク、丸いプロフィールアイコンからいろんなゼペットの部屋へと移ります。

複数のゼペットと撮る方法

一緒に写真を撮りたいと思ったゼペットが見つかったら、画面右下の[フォロー]をタップしてください。フォトブースでは大人数になると7、8人選択できるポージングもあるため、まとめてフォローしておくことをオススメします。

自分も参加? 「ストリート」に繰り出してゼペットをフォローし合う

自分も参加? 「ストリート」に繰り出してゼペットをフォローし合う</p>自分も参加? 「ストリート」に繰り出してゼペットをフォローし合う</p>

「ワイワイ!」にある「ストリート」をタップすると、ゼペットがランダムに道を通り始めます。ストリートに入ったときに自分も参加することになるため、他のゼペットからフォローされるかもしれません。気になるゼペットがいたらタップしてみてください。

自分も参加? 「ストリート」に繰り出してゼペットをフォローし合う

タップしたゼペットをフォローする場合は、画面右下の[フォローする]をタップします

複数のゼペットをフォローしたら、2人以上の写真が撮れるようになります。

複数のゼペットと撮る方法複数のゼペットと撮る方法複数のゼペットと撮る方法

フォトブースで複数人のポージング写真を選び、一緒に遊ぶゼペットにチェックを入れます。最大人数よりも少ない選択の場合は、足りない分が同じゼペットで補われるため、人数はきっちり選んでください。よければ、右上の[完了]で複数人のゼペットでの撮影が完了です。

なお、選択画面での各ゼペットのアイコンは、フォローした時点での状態になります。実際に写真を撮ると、服や髪型、メイクなどがプロフィールアイコンとは変わっていることがあります。

話題のアプリ「ZEPETO(ゼペット)」でインスタ映え写真を撮るには? 3Dキャラの作り方から、おしゃれに必須のコインを貯める方法まで【iPhone/Android】

背景に色をつけてみる

フォトブースで撮影した直後は背景が透明です。背景カラーを選択すれば雰囲気の違う写真が楽しめるでしょう。

背景に色をつけてみる背景に色をつけてみる

撮影した直後の画面の下にある「背景カラー」ボタンをタップします。ビビッドなカラーからパステル系まで、現在は17色から選べます。柄が入った背景は残念ながらないため、今後追加されるのを期待しましょう。撮った写真は、保存はもちろん、InstagramLINELINEに直接シェアも可能です。

ゼペット写真の加工テクでさらに盛る

ゼペット写真の加工テクで更に盛る

基本的なフォトブースの使い方だけでも十分にインスタ映え写真が撮影できますが、ポージングと背景カラー選択だけでは物足りなくなることも。他のゼペットと差がつくオリジナリティのある撮影方法を解説していきます。

ワザあり:背景画像を自分で選択してゼペットと合成

憧れの場所や、行ったことのない世界遺産などを背景にすると、リアルな世界とゼペットが融合してオシャレな写真が撮影できます。

ワザあり:背景画像を自分で選択してゼペットと合成ワザあり:背景画像を自分で選択してゼペットと合成

フォトブースで写真を撮影して編集画面へと移ります。「背景写真」アイコンをタップすると、自分の端末に保存されている画像が選択できるようになるので、背景に設定したい画像を選んでください。

ゼペットを指でスライドさせたり、親指と人指し指を使ってゼペットを拡大・縮小したりして、ちょうどいい位置や大きさを見つけてください。ゼペットの角度は現在変えることはできません。

背景を選び直すときに手間どらない方法

背景を選び直す背景を選び直す

背景を選び直すために[<]を選ぶと、写真撮影する際のメンバー決めのページに戻ってしまって面倒だ

背景を選び直す際、左上の[<]戻るをタップしがちです。しかし、戻ってしまうと再度フォトを取り直す作業から始まってしまって面倒です。

背景を選び直す背景を選び直す

背景だけを変えてみたいときは、下の「背景写真」ボタンをタップすれば、一度戻る手間がないので便利です。

ワザあり:食べ物や雑貨をうまく利用してみる

ワザあり:食べ物や雑貨をうまく利用してみる

背景を風景にする以外にも、小物や食べ物を背景にすると、一風変わった面白い写真やかわいいショットが撮れるかもしれません。

ワザあり:食べ物や雑貨をうまく利用してみる

フォトブースのポージングは、全身で撮影するものから、上半身だけ、顔だけなど、ゼペットの露出範囲にいくつかパターンがあります。上の画像では上半身だけのポージングを利用しています。

ワザあり:写真アプリ「SNOW」を使って加工する

ユーザー数の多い人気の写真・加工アプリSNOW(スノウ)。ゼペットで作った写真をスノウで加工すると更に映え間違いなしの写真が作れます。

まずはSNOWをインストールしてください。

ワザあり:写真アプリ『SNOW』を使って加工するワザあり:写真アプリ『SNOW』を使って加工する

SNOWを起動し、右下からゼペットで作った保存済みの写真を選びます。すると[編集]ボタンが表示されるのでタップしてください。

ワザあり:写真アプリ『SNOW』を使って加工するワザあり:写真アプリ『SNOW』を使って加工する

次に、画面下のニコちゃんマークから、フレームや装飾などを選んでみましょう。筆者はフォトフレームのような加工を施してみました。

ワザあり:写真アプリ『SNOW』を使って加工するワザあり:写真アプリ『SNOW』を使って加工する

装飾や効果を工夫すれば、より映える写真に仕上がります。

EDITED BY BOTAN