iOS 14正式発表、主な新機能まとめ【WWDC 2020】

【WWDC 2020】iOS 14正式発表、主な新機能まとめ

Appleは2020年6月22日(米国時間)、開発者向けイベント「WWDC 2020」を開始しました。今回は新型コロナウイルス感染症の影響から、オンラインイベントとして開催されます。

初日の基調講演(キーノート)では、iOS、iPadOS、watchOS、tvOS、macOSのアップデートのほか、Macの独自チップ移行を中心とした発表がおこなわれました。本記事では、その中でもiPhoneユーザーからの関心が高い「iOS 14」の新機能について、WWDC 2020での発表内容に基づいて解説しています。

なお、iOS 14アップデートは2020年秋ごろに配信される予定です。

「App Library」でジャンル別にアプリを管理

iOS 14では、新たなアプリ管理機能として「App Library」が搭載されます。

WWDC 2020

WWDC 2020

App Libraryでは、iPhoneにインストールされているアプリをジャンル別にまとめてくれます。使いたいアプリのジャンルを選択するとアプリの一覧が表示され、そこからアプリを起動することもできます。アプリの一覧画面では、使用頻度の高いアプリが上に表示されるので、よく使うアプリへのより素早いアクセスが可能です。なお、App Libraryはホーム画面の最後のスペースに追加されます。

WWDC 2020

また、ホーム画面で使用頻度の低いページの非表示もできるようになります。ホーム画面の編集時にページドット(ページの数を表す点)をタップすると、ページの一覧画面が表示されます。あまり使わないページのチェックマークを外すと、そのページがホーム画面に表示されなくなります。ページの数を少なくすることで、App Libraryにもすぐにアクセスできます。

ウィジェットがホーム画面に追加可能に

iOS 14では、ホーム画面に好きなウィジェットを追加できるようになります。

WWDC 2020

ウィジェットはホーム画面のどこにでも、好きな大きさで配置可能です。よく使うウィジェットをホーム画面の最初のページに追加しておけば、iPhoneを起動するだけで必要な情報が得られるようになります。

WWDC 2020

また、「スマートスタック」と呼ばれる新しいウィジェット機能も登場。スマートスタックを使えば、ホーム画面上でスワイプのみでウィジェットの切り替えができます。朝はニュース、日中は1日のスケジュールのように、時間帯別で表示するウィジェットを自動で切り替えてくれる機能も活用の幅がありそうです。

「ピクチャーインピクチャー」で他のアプリを起動しながら動画を視聴

iOS 14でiPhoneにも「ピクチャーインピクチャー」機能が導入されます。

WWDC 2020

動画コンテンツの視聴やFaceTime通話をしながら、他のアプリが起動できます。動画の再生画面は好きな場所に配置でき、大きさも自由に変更可能です。動画を画面外にスワイプすると音声のみの再生となります。

Siriや電話の着信通知がよりコンパクトに

WWDC 2020

iOS 13までは、Siriを起動すると全画面が専有されていましたが、iOS 14からは画面が切り替わることなくSiriが使えるようになります。Siriを起動すると画面下部にSiriのアイコンが表示され、Siriの応答は画面上部にバナーとして現れます。

WWDC 2020

また、電話がかかってきたときの通知もバナー表示となるため、着信のたびに作業を中断する必要がなくなります。電話に出られないときは、バナー通知を上にスワイプするだけで通知を消すことができます。

「翻訳」アプリが新登場、オフライン環境でも翻訳ができる

WWDC 2020

iOS 14からApple製の「翻訳」アプリが追加されます。

WWDC 2020

対応言語は英語、中国語、フランス語など11言語。もちろん日本語にも対応しています。マイクに喋りかけるか、テキストを入力すると指定の言語への翻訳が可能です。

「翻訳」アプリはオフライン環境でも使用できるため、モバイル通信やWi-Fiに接続していない状況でも外国語でコミュニケーションがとれます。

WWDC 2020

iPhoneを横向きにすると「会話モード」となり、自分の使っている言語と相手の使っている言語が左右に表示されます。マイクに喋りかけるだけで言語を自動で識別してくれるため、会話をしながらの翻訳がスムーズになります。

インストール不要でアプリの機能を部分的に使用できる「App Clip」

「App Clip」では、アプリをダウンロードしなくても必要なときだけアプリの一部機能が利用できます。たとえばカフェで注文する際や、自転車などをレンタルする際に、必要なアプリをインストールしていなくても支払いや予約といった機能のみが使えるようになります。

WWDC 2020

店頭などでQRコードやNFCタグをiPhoneで読み込むと、App Clipが起動し対応するアプリの注文や支払いといった機能が利用できます。App ClipはQRコードやNFCタグだけでなく、Web上のサービスや「マップ」アプリからでも使用可能です。

WWDC 2020

App Clipでの支払いはApple Payを介しておこなわれるため、いちいちクレジットカード情報を入力する必要はありません。サインインが必要なサービスでも「Appleでサインイン」が利用でき、面倒なログインも不要です。

WWDC 2020

App Clipで利用したサービスはApp Libraryの履歴に残るので、必要であればApp Storeからフルバージョンのアプリをインストールすることも可能です。

「マップ」アプリに自転車と電気自動車向けのルート案内が追加

Apple製の「マップ」アプリに自転車と電気自動車向けのルート案内機能が追加されます。

WWDC 2020

自転車向けのルート案内では、自転車専用道路や小道をルートとして提案してくれます。案内ルートの勾配も分かるので、より平坦なルートを選択することも可能です。ただし、自転車向けのルート案内は、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ・ベイエリア、上海、北京の5エリアのみの対応となり、他のエリアについては順次対応していくとしています。

WWDC 2020

また、電気自動車向けのルート案内では、バッテリーの充電状況や天候などを考慮し、ルート上にある充電スポットを案内してくれます。こちらもまずはBMWとFordの対応車種へのサポートとなります。

「CarPlay」のアップデートでiPhoneが車の鍵として使用可能に

「CarPlay」のアップデートで車の鍵を持ち歩く必要がなくなるかもしれません。

WWDC 2020

デジタルキーとしてiPhoneやApple Watchを登録しておくと、車の鍵がなくとも車の解錠やエンジンスタートが可能になります。iPhoneを紛失したときはiCloud経由でデジタルキーを無効にできるため、セキュリティ対策も万全です。

ただし、最初にデジタルキーに対応するのは2021年製のBMW 5シリーズとなるため、デジタルキーの普及は少し時間がかかりそうです。

「メッセージ」アプリのグループ会話がパワーアップ、ミー文字のバリエーションもより豊富に

Apple製の「メッセージ」アプリにもさまざまなアップデートが施されています。

WWDC 2020

友人や仕事仲間との重要なメッセージを見失わないために、会話をピン留めして常に最上部に表示する機能が搭載されます。

WWDC 2020

WWDC 2020

また、グループ会話にインライン返信やスレッド表示機能が追加されます。多人数での会話でも自身に関係のある話題のみにフォーカスすることができます。自身への返信のみ通知する設定も可能になるので、グループ会話の通知が大量に溜まってしまうこともありません。

WWDC 2020

ミー文字の髪型や被り物も新しい種類が追加され、自身の趣味や職業をさらに多彩に表現できます。ミー文字ステッカーにもハグ、グータッチ、照れの3種類が追加されます。

EDITED BY TOKIWA