「iOS 14」「iPadOS 14」の使い勝手は? ベータ版で新機能をレビュー

「iOS 14」「iPadOS 14」の使い勝手は? ベータ版で新機能をレビュー

今秋に登場する予定のiOS 14とiPadOS 14のパブリックベータをレビューします。その名の通りまだベータ版なので、仕様が今後変わる可能性がありますが、新しいiPhoneとiPadのOSを大まかにチェックできます。今回は、注目の機能をまとめてお届けします。

Appleは古い製品にも新OSがアップデート対応しており、新しいiPhoneやiPadを買わない人でもiPhone 6s以降、iPad Air 2以降ならiOS 14やiPadOS 14が使えます。

【iOS 14】ホーム画面にウイジェットが置ける

ホーム画面にウィジェットが置けるようになりました。これまで同様、ホーム画面を編集すると左上に「+」ボタンが表示されるので、タップしてウィジェットを追加できます。ホーム画面のどのページにも自由に追加できるため、ウィジェットだけを集めたページを作ってもいいでしょう。

ウィジェットを利用すると、天気や時間などを素早くチェックしたり、メモや地図などをさっと利用できます。自分がよく使うアプリや情報にいち早くアクセスできるわけです。

「スマートスタック」というウィジェットは、アプリの利用履歴を元に選ばれたウィジェットが表示されます。スワイプすることで他のウィジェットに切り替えることもできます。

iOS 14

ホーム画面は今までと変わらないように見える

iOS 14

編集すると左上に[+]が表示され、ここからウィジェットを追加できる

iOS 14 iOS 14

ウィジェットを選択して追加可能

iOS 14

ウィジェットを追加した

iOS 14

ホーム画面の2ページ目などにも追加できる

iOS 14

このウィジェットはスマートスタック。スライドすると別の内容に切り替えられる

【iOS 14】Appライブラリで目的のアプリが見つけやすい

ウィジェットをたくさん並べればホーム画面のページ数がどんどん増えていき、目的のアプリが見つかりづらくなるかもしれません。そんなジレンマを解決するために提供される新機能が「Appライブラリ」です。ホーム画面を右から左にスワイプし、最終ページの次に表示されます。

アプリは自動的にカテゴリで分類されて見つけやすくなります。さらに、上の検索窓をタップすると検索できるほか、アプリがアルファベット、五十音順に並びます。

iOS 14

Appライブラリが便利に使える

iOS 14

検索窓をタップすると、アプリが五十音順に並ぶ

【iOS 14】新しい翻訳アプリが登場

新しく翻訳アプリが追加されました。2つの言語を選んで翻訳できます。使い方は簡単なので、すぐに理解できるはずです。再生ボタンを押すと音声で読み上げてくれるので、会話も可能です。

また、本体を横に傾けると文字が大きく表示されるので、言葉が伝わりやすくなります。オンデバイスモードでは、辞書をダウンロードしておくことでオフラインで利用できます。海外旅行などで、通信ができないときでも役に立ちます。

iOS 14

翻訳アプリは簡単に使える

iOS 14

本体を横にすると、文字がすっきり表示されるのでわかりやすい

iOS 14

オンデバイスモードなら、オフラインで翻訳機能が使える

【iOS 14】Siriがコンパクトに使えるように

Siriの知識は3年前に比べると20倍以上に増えているそうです。これまでは全画面で使っていたSiriが、コンパクトに使えるように変わります。他のアプリを利用しながらSiriを併用する際には、とても見やすくなっています。

使い方はこれまで同様に、スリープ解除ボタンを長押しするか、「Hey、Siri」と話しかければOKです。

iOS 14 iOS 14

これまでのSiriは全画面で使うのが基本だった

iOS 14

今度はこんなコンパクトにSiriが使える。画面下にボール状のSiriのマークが表示されている

iOS 14

天気を尋ねたら、画面上に表示された

【iOS 14】App Storeや録音などその他機能も強化

アプリからカメラを使ったり録音したりする際には、インジケーターでそれとわかるようになっています。意図せず録画・録音することが防げるわけです。また、これらの利用履歴はコントロールセンターからチェックできます。

iOS 14

右上の小さな表示でカメラをアプリから使っていることがわかる

iOS 14

コントロールセンターで利用履歴をチェック可能

App Storeの情報も見やすくなりました。評価や対象年齢などがアプリの下に一覧表で表示されるので、素早くチェックできます。

iOS 14 iOS 14

左:これまでのApp Store右:iOS 14では情報が表形式で表示され見やすくなった

録音アプリも進化しています。録音したファイルをホルダーで分類できるほか、お気に入りのハートマークを付けてすぐに見つけられるようになりました。

iOS 14

録音したファイルをフォルダーで分類できる

iOS 14

お気に入りも利用可能

iOS 14

ファイルが増えても分類して扱いやすくなっている

【iPadOS 14】ウィジェットがリニューアル

もともとiPadでは、「今日」の画面にウィジェットが表示できました。新しくウィジェットが再設計されて使いやすくなっています。サイズを選んだり、配置を自由に変更して見やすく利用できます。

iPadOS 14

ウィジェットのデザインが大きく変わった

iPadOS 14

ウィジェットを自由に配置でき、サイズも変更可能だ。iOS 14と同様のスマートスタックも使える

【iPadOS 14】検索がコンパクトなウィンドウ表示に

画面を上から下にスワイプすると表示される「検索」が使いやすくなりました。従来は全画面で利用しましたが、iPadOS 14ではコンパクトなウィンドウ表示になり、より見やすくなっています。

iPadOS 14

検索が見やすくなっている

【iPadOS 14】写真やファイルなどのアプリ設計が変わった

写真やファイルなどのアプリの設計が変わり、リスト表示がわかりやすくなりました。ちょっとパソコンのような表示に変わったのです。特に写真はビデオ、セルフィー、パノラマ、スクリーンショットなどが一発で選択できるのがとても便利です。

iPadOS 14

写真アプリも設計が変わり、ファイルが探しやすくなっている

【iPadOS 14】メモアプリなど手書き機能がさらに進化

iPad+Apple Pencilによる手書きがさらに進化しました。新しく「A」と表示されたペンが追加され、手書きの文字が認識されてテキストに変換できます。

また、検索ボックス等に手書き文字を入力すると、こちらもテキストに変わります。すばらしい機能ですが、日本語にはまだ未対応なのが残念です。

iPadOS 14

メモはメニューが変わった

iPadOS 14

手書きの文字をテキスト変換できる

iPadOS 14

検索などテキストボックスへの入力も手書きで可能だ

まとめ

新OSはiPhone、iPadともに大きく機能が進化し、使いやすさが向上しています。ホーム画面も変わり、ここ数年のアップデートでは最も進化の度合いが大きいと言ってもいいでしょう。秋の正式版リリースが楽しみです。

なお、本記事の内容に関連して、動画でもiOS 14およびiPadOS 14について紹介しています。是非ご覧ください。

構成・文:戸田覚

編集:アプリオ編集部