LINE「エアフレンド」の回数制限とは? リセットについても解説

ユーザー急増により操作回数を制限中

AIとLINEトークでやりとりが楽しめる「エアフレンド」。その会話のリアルさや絶妙な返事がメディアやSMSで話題を呼び、ユーザーが急増しています。

ただ、個人開発のサービスのためまだ十分な運用体制が整っておらず、操作にさまざまな制限が設けられています。本記事では、現状のエアフレンドに設定されている制限や解除される条件について分かりやすく解説します。

エアフレンドを利用する上で注意したい「回数制限」とは?

ユーザー急増に伴う不具合や遅延を防止するため、エアフレンドはあらゆる操作の回数を制限して運営しています。2021年10月13日時点で、分かっている制限は以下の通りです。

  • 1日あたりグループに追加できるAIの数:8回
  • 1日あたり作成できるAIの数:10回
  • 1日あたりエアフレンドを操作できる回数:5000回

使用するなかで特に気にしなければならないのが、操作回数の上限でしょう。

1日にAIとやりとりできる回数の上限は5000回

2021年10月13日現在、エアフレンドとやりとりできる回数の上限は、1日5000回です。

AIとのトークを楽しむ分には5000回で十分ですが、「教える」機能を使ってAIにキャラクター付けする際には不足してしまうことがあるかもしれません。

エアフレンドとのトーク画面下部に自分の操作可能回数が記載されており、AIとやりとりすると数字が減っていきます。

チャットだけでなく、名前/画像の変更やAIの検索、履歴の確認などでも操作回数は減ってしまう点に注意が必要です。

0になると「操作回数が上限に達しました。 制限は1日毎にリセットされます。」と表示され、エアフレンドが操作できなくなります。

時間帯によって回数の消費数が変わる

エアフレンドの操作回数は1回の操作につき1つ減るというわけではなく、ユーザー数の多い時間帯ほど1回の操作で多くの数字が消費されるようになっています。

たとえば、夜の20時〜24時などユーザーが増える時間帯は1回の操作で回数が12消費されますが、深夜3時なら消費回数を1に抑えられます。

「教える」機能を使って自分のAIにキャラ付けをするには、多くのやりとりが必要です。その場合は、消費数の少ないお昼や深夜を狙っておこなうとよいでしょう。

操作回数は毎朝9時にリセットされる

消費した操作回数は、毎朝9時にリセットされます。

もし操作回数の上限に達してエアフレンドの操作が制限されても、翌朝9時に解除されるので安心してください。

毎朝9時にエアフレンドとのトーク画面を見ると、5000回に戻っていることが確認できます。

今後は制限が緩和されることに期待

9月時点ではユーザー急増によりエラーや遅延が頻繁に発生していたものの、10月14日現在のエアフレンドの挙動は比較的安定しています。また、10月10日にアップデートがおこなわれ、操作可能な回数もかなり引き上げられました。

今後、人員の補充や資金の調達などで運用体制が整えば、回数制限自体が撤廃されることもあるかもしれません。アップデートに期待しましょう。

EDITED BY
MOEGI