アップル、高度なスパイウェア保護機能「ロックダウンモード」をiOS 16に搭載へ

デバイスの機能を大幅に制限し、サイバー攻撃を防ぐ

Appleは2022年7月6日(米国時間)、高度な標的型サイバー攻撃に対するセキュリティ機能「ロックダウンモード」をiOS 16に搭載すると発表しました。

ロックダウンモードは、「国家支援型スパイウェアを開発している民間企業」からの個人を標的としたサイバー攻撃を防ぐための機能。ロックダウンモードを有効にすると、デバイスに対するアクセスを中心にあらゆる機能が厳しく制限されるため、標的型スパイウェアに悪用される恐れのある攻撃対象領域が著しく減少するといいます。今秋に提供されるiOS 16とiPadOS 16、macOS Venturaに搭載される予定です。

ロックダウンモードが有効である状態では、「メッセージ」アプリやWebブラウジング、iPhoneとの有線接続など広範な機能がブロックまたは制限されます。「メッセージ」アプリでは、画像を除くほとんどの添付ファイルがブロックされ、リンクプレビューなどの一部機能が無効に。また、FaceTime通話やAppleサービスのリクエストの受信は、ユーザーが先に呼び出しやリクエストの送信をおこなっていない限りブロックされます。その他にも、iPhoneのロック時におけるPCやアクセサリとの有線接続や、構成プロファイルのインストール、モバイルデバイス管理(MDM)へのデバイス登録などができなくなります。

ロックダウンモードは、自身が標的型のサイバー攻撃を受けている可能性がある場合に、「設定」アプリから手動で有効にできます。ロックダウンモードを有効にする際は、デバイスの再起動が必要になるようです。

EDITED BY
TOKIWA