【au通信障害】KDDI、西日本で3日11時までの復旧を目指す 東日本の復旧見通しは不透明に

1時時点の復旧目標時刻を達成できず

KDDIは2022年7月3日、auなどの大規模通信障害の復旧見通しを示しました。

3日1時時点でKDDIは、復旧目標時刻を西日本で3日7時15分、東日本で3日9時30分に設定していることを公表。全国的にデータ通信を中心として徐々に回復してきているとしていました。

3日8時時点では、復旧が見込まれる時刻を遅らせ、西日本は3日11時ごろ、東日本は未定となっています。西日本・東日本ともに障害は70%ほど回復しているとのことです。

7月3日8時時点のKDDI発表

東京在住のauユーザーである筆者の環境(iPhone)では、4時過ぎにアンテナピクトが立っている状態でしたが音声通話は発信できず。7時台には一度発信できましたが、それ以降は電話をかけようとしても「接続できませんでした」と表示され、発信できません。データ通信は2日時点で利用できており、3日8時現在も変わらず利用できています。

通信障害の原因は、2日未明の設備障害によってVoLTE交換機でトラヒックの輻輳(ふくそう)が生じたことにより、流量制御などの対処を講じたこと。影響は全国に出ています。

通信障害の対象サービスは2日時点で、au携帯電話とUQ mobile携帯電話、povo、au回線利用事業者の音声通信とされていましたが、3日時点で新たにホームプラス電話、ホーム電話、auフェムトセル、SMS送受信が追加されています。

更新(3日16時15分):KDDIは12時時点で、西日本エリアの復旧作業が11時頃に終了し、東日本エリアの復旧作業は17時30分頃に終了予定だと発表しました。14時時点で、西日本エリアでは復旧作業終了後もネットワーク試験の検証中につき、流量制御などの対処を講じているため、利用しづらい状況が継続しているとしています。

更新(4日11時35分):KDDIは3日18時時点で、東日本エリアの復旧作業が17時30分頃に終了したと発表。4日7時点で、全国的にデータ通信は概ね回復しているものの、流量制御などの対処を講じているため、音声通話が利用しづらい状況が継続しているとしています。

更新(4日16時53分):KDDIは4日16時時点で、音声通話・データ通信含め全国的にほぼ回復していると発表しました。

EDITED BY
AC