アップル、Macを中心に本体価格を値上げ 円安が影響か

Appleは値上げの理由などは発表していない

Appleは2022年6月6日(米国時間)、デベロッパー向けイベント「WWDC 2022」で発表した「MacBook Air」と「MacBook Pro」のラインナップ追加にあわせて、既存の製品の値上げを実施しました。

MacBook Air(M1)はラインナップに残るが、約2万円の値上げ

Appleは今回の値上げについて理由や値上げ幅などの詳細は発表していないものの、昨今の対ドルの円安傾向が影響したものとみられます。今回のWWDCでは、第2世代のAppleシリコン「M2チップ」を搭載した「MacBook Air」と「MacBook Pro」が発表された一方で、M1チップ搭載のMacBook Air(256GB)はラインナップに残りました。しかし、このM1チップ搭載のMacBook Airが、11万5280円(税込)から13万4800円と約2万円の値上げとなっています。

以下では、Macシリーズの値上げ前後の本体価格をまとめました。

モデル 値上げ前 値上げ後
MacBook Air(M1) 11万5280円 13万4800円
14インチMacBook Pro(M1 Pro) 23万9800円 27万4800円
16インチMacBook Pro(M1 Pro) 29万9800円 33万8800円
24インチiMac 15万4800円 17万4800円
Mac Mini 7万2800円 9万2800円
Mac Studio(M1 Max) 24万9800円 27万8800円
Mac Pro 59万9800円 66万2800円

各モデルの最小構成の価格。価格はいずれも税込

EDITED BY
TOKIWA