アップル、iPadOS 16を発表 共同制作や複数アプリのウインドウ表示などに対応

M1チップ搭載のiPad ProとiPad Air向けの機能も

Appleは2022年6月6日(米国時間)、開発者向けイベント「WWDC 2022」において、「iPadOS 16」を発表しました。iPadOS 16は、iPad(第5世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Proを対象に2022年秋ごろリリースされます。

「メッセージ」のグループに招待を送ると、アプリ上での共同作業ができるようになる

iPadOS 16では、「メッセージ」アプリからPagesやKeynote、SafariといったApple製アプリとサードパーティ製アプリで、共同作業やコンテンツの管理ができるようになります。「メッセージ」アプリで共同作業の招待を贈ると、メンバーはすぐに編集作業を進められます。共同作業をおこなっているメンバーによる編集内容はリアルタイムで反映され、誰が編集作業をしたかも把握できます。

共同作業をおこなっているときでも、メンバーの参加するメッセージに戻ったり、FaceTime通話を開始したりしてコミュニケーションをとることが可能です。

ディスプレイスケーリング設定では、ディスプレイのピクセル密度を高めてより多くのものを表示できる

また、M1チップを搭載しているiPad ProとiPad Airでは、ディスプレイスケーリング設定やステージマネージャといった機能が利用できます。ディスプレイスケーリング設定では、ディスプレイのピクセル密度が高められ、アプリ画面内により多くのものを表示できるようになります。2つのアプリを画面に同時表示できるSplit Viewを使うときなどに役立つといいます。

「ステージマネージャ」では最大4つまでのアプリをウインドウで表示できる

ステージマネージャを利用すると、iPadの画面内でアプリのウインドウのサイズを自由に変更できるようになります。アプリをウインドウ表示している際は、画面下部にDock、画面左側には最近使ったアプリが表示されるため、使用頻度の高いアプリの切り替えも素早くおこなえます。iPadの画面内には、最大4つのアプリウインドウを同時に表示でき、3つ1組あるいは4つ1組のウインドウグループも作成可能です。セットで使う場面の多いアプリをグループ登録しておくと、アプリ起動の手間が省けます。

ステージマネージャは外部ディスプレイもサポートするため、2つのディスプレイを組み合わせれば最大8つのアプリをウインドウに表示して、マルチタスクをおこなうこともできます。

そのほか、iCloud共有写真ライブラリや、ビデオのテキスト認識表示などといったiOS 16でもサポートする新機能も複数利用できるようになります。

EDITED BY
TOKIWA