TimeTree、月額300円のサブスクプランを導入 まずは広告非表示や専用サポート窓口が利用可能に

2022年4月下旬から提供開始

TimeTreeは2022年4月19日、同社のカレンダーシェアアプリ「TimeTree」において、月額300円のサブスクリプションプラン「TimeTreeプレミアム」を2022年4月下旬より提供開始すると発表しました。

TimeTreeは、家族や友達、仕事仲間とスケジュールを共有できる無料のカレンダーアプリ。「職場」や「サークル」のように、メンバーにあわせて複数のカレンダーを共有できるのが特徴です。

2022年4月下旬より、TimeTreeに新たなサブスクプラン「TimeTreeプレミアム」が加わります。第一弾の機能は、広告の非表示と、契約者専用のカスタマーサポート窓口の設置となります。TimeTreeによると、「予定への画像・ファイル添付」「高度な検索機能」「予定のバーチカル表示」といったユーザーから要望の多い機能の追加も今後予定しているとのことです。

TimeTreeプレミアムは、月額プラン(300円)または年額プラン(3000円)から選んで契約できます。いずれも初めての契約の場合は初月の料金が無料となります。TimeTreeプレミアムは、4月下旬以降にTimeTreeアプリのアカウント管理画面から購入できるようになる予定です。

アプリ「TimeTree」をダウンロード
EDITED BY
TOKIWA