Twitter、「もう会話から抜けたので」と周知できる「アンメンション」機能のテストを開始

不毛な「巻き込みリプライ」の解決となるか

Twitterは2022年4月7日(米国時間)、ユーザーが参加を望まない会話から離脱できる「アンメンション」機能のテストをWeb版Twitterで開始したと発表しました。

「アンメンション」機能は、自身のユーザー名に返信する形で続く興味のない会話から、ユーザー名を削除してメンション通知を遮断できる機能。2022年2月には本機能の開発段階の模様が報じられていました。

アンメンション機能の説明文で「Leave this conversation」を選択すると会話から離脱できる

「アンメンション」機能を利用して会話から離脱するには、自身のユーザー名が含まれる会話でメニューボタン​をクリックし、メニューから「Leave this conversation(この会話から離れる)」を選択。「アンメンション」機能の説明文が表示されたら再び「Leave this conversation」を選択すれば完了です。

アンメンション機能を適用すると、自身のユーザー名が青色のリンクから単なるテキストに変化する

会話から離脱すると自身のユーザー名がリンクから単なるテキストに変化し、それ以降の通知は届かなくなります。離脱したユーザーに対して、同じ会話では再びメンションをすることはできません。

「アンメンション」機能は、離脱したユーザーのユーザー名がプレーンテキスト化するという視覚的な効果があります。そのため会話の返信をミュートするのみの「会話をミュート」機能よりも、その話題に興味がないという意思を強く明確に伝えられます。

EDITED BY
TOKIWA