グーグル、「Android 12L」を正式リリース タブレットや折りたたみスマホに最適化

2022年後半にSamsungとLenovo、Microsoftの端末でアップデート予定

Googleは2022年3月7日(米国時間)、タブレットや折りたたみスマホといった大画面デバイスに最適化した「Android 12L」を正式にリリースしました。

Android 12Lは、タブレットや折りたたみスマホの大画面を活用できるようにデザインされており、2021年10月にデベロッパー向けにベータ版を発表していました。

クイック設定パネルと通知が2列で表示される

正式発表されたAndroid 12Lの機能はベータ版リリース時と大きくは変わらず、通知とクイック設定パネルの2列表示や、設定の2カラム表示など大画面を活かしたものとなっています。

中央のタスクバーからアプリをドラッグ&ドロップして画面分割も可能

また、Chrome OSでもみられるような画面中央にアプリが配置されたタスクバーも搭載。タスクバーから任意のアプリをドラッグ&ドロップすると、画面分割モードとなって2画面での作業がおこなえます。

なお、Googleは同日にPixelシリーズ向けのアップデートも発表。このアップデートは、Android 12Lをベースとして構築されているため、Android 12Lが最初に適用されるのはPixel端末ということになります。ただし、Android 12Lの新機能は主に大画面デバイスに対応するため、Pixel端末では多くが利用できないものとみられます。

Googleによると、2022年後半にSamsungとLenovo、Microsoftのタブレットや折りたたみスマホでAndroid 12Lへのアップデートを予定しているとのことです。

EDITED BY
TOKIWA