Twitter、スペースの録音機能をすべてのホストに開放

録音は30日間聴取できる

Twitterは2022年1月13日(米国時間)、音声交流機能「スペース」の録音機能をiOS版アプリとAndroid版アプリのすべてのユーザーが利用できるようになったと発表しました。

スペースの録音機能は、2021年10月に一部のiOS版アプリユーザーへ、同年12月に一部のAndroid版アプリユーザーへ向けてリリースされていました。2022年1月6日には、スペースの録音機能を有効にした場合、配信の参加者数や録音の再生回数が確認できる機能も導入されています。

スペースの開始時に「スペースを録音する」をオンにする

スペースの録音を有効にするには、スペースの配信を始める際に「スペースを録音する」のスイッチをオンにするだけです。スペースの録音は配信終了後の30日間公開され、ホストにブロックされているユーザー以外のすべてのユーザーが聴取できます。

EDITED BY
TOKIWA