ドコモとソフトバンク、迷惑SMSの自動拒否機能を提供へ

オンライン専用ブランドも対象

NTTドコモとソフトバンクは2022年1月13日、フィッシング目的などの迷惑SMSを自動で拒否する機能の提供すると発表しました。

新たに提供される予定の迷惑SMS拒否機能は、いずれも申し込みや設定などをしなくても適用されます。迷惑SMS拒否機能の利用を希望しない場合のみ、マイページ(My docomoやMy SoftBank)から設定の変更が必要となります。

iPhoneで「着信拒否」するとどうなる? 設定方法、相手へのアナウンス、通知など影響まとめ Androidスマホで「着信拒否」を設定・解除する方法──ドコモ・au・ソフトバンクの着拒サービスや履歴などの仕様も解説

NTTドコモの迷惑SMSを自動で拒否する新機能

NTTドコモが提供する「危険SMS拒否設定」は、危険なサイトへのURLなどが含まれるSMSを自動で拒否します。危険なSMSかどうかは、送信元情報や本文内容に基づきドコモのネットワーク上で自動判定されます。

同機能の提供は2022年3月中旬ごろを予定しており、ahamoを含むドコモ回線契約者は無料で利用できます。

ソフトバンクの迷惑SMSを自動で拒否する新機能

一方ソフトバンクは、「なりすましSMSの拒否」「URLリンク付きSMSの拒否」「迷惑SMSフィルター」の新機能を提供します。宅配業者などに差出人を詐称したSMSや、本文にURLが含まれる携帯電話番号からのSMS、機械学習による解析で迷惑SMSと判定されたものが自動で拒否されます。

また、以前から導入していた「電話番号メール拒否・許可」機能に、アルファベットでの入力指定を新たに追加。発信元が番号ではなくアルファベットで表記されている場合でも、拒否指定ができるようになります。

ソフトバンクの迷惑SMS拒否設定は、2022年春ごろの提供予定で、LINEMOを含むソフトバンク回線契約者は無料で利用できます。

EDITED BY
TOKIWA