Uber、デリバリーにも配車にも使える「Uberギフトカード」を発売

カードタイプとオンラインギフトカードを用意

Uberは2021年12月7日、同社のデリバリーサービス「Uber Eats」と配車サービス「Uber」に使えるギフトカードの販売を開始しました。

Image

カードタイプの取り扱い金額

Uberのギフトカードにはカードタイプとオンラインギフトカードの2種類が用意されており、それぞれで購入できる金額などが異なります。カードタイプでは、3000円、5000円、1万円の3種類の金額が設定されたカードと、1500円から5万円までを1円単位で自由に設定できるバリアブルカードを購入できます。

Image

オンラインギフトカードは2種類のデザインから選べる

一方でオンラインギフトカードは、100円から5万円までの間で好きな金額のカードが購入できます。また、オンラインギフトカードの場合は、2種類のカードデザインが用意されています。

ギフトカードの券面額は、「Uber Eats」アプリまたは「Uber」アプリから、Uber Cashアカウントにチャージすることで使用できるようになります。ギフトカードの有効期限は、購入日から3年として設定されています。

カードタイプは、全国のドラッグストアやコンビニエンスストアで販売されます。発売当初の販売店は以下のとおり。

Uberギフトーカード販売店(カードタイプ)
  • ウエルシアグループ
  • セブン-イレブン(東京都)
  • ファミリーマート(東京都)
  • ミニストップ
  • ローソン

また、オンラインカードタイプは、オンラインギフトサービスの「giftee(2022年1月1日から)」と「kiigo」で購入できます。

アプリ「Uber Eats」をダウンロード
アプリ「Uber」をダウンロード
EDITED BY
TOKIWA