アップル、AirPods Proの異音などを原因とする交換プログラムの保証期間を3年に延長

2020年10月以前に製造されたモデルが対象

Appleが同社ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」の「音の問題に対する修理サービスプログラム」の無償保証期間を1年延長し、最初の小売販売日から3年間に変更していたことがわかりました。

AirPods Proは2019年10月の発売時より、「パチパチ」と異音が発生する不具合が多く報告されていました。それに対し、Appleは2020年10月より前に製造されたAirPods Proに2年間の保証期間を設定。異音の発生するAirPods Proを無償で交換対応するプログラムを実施していました。

2021年10月1日付で更新されたプログラムページでは、保証期間が2年から3年に延長されています。仮に対象のAirPods Proを2020年1月に小売店で購入したとすると、3年後の2023年1月までは保証対象となります。

AirPods Proから異音が発生している場合、プログラムの対象かどうかを確認するにはApple Store直営店、AppleサポートまたはApple正規サービスプロバイダに問い合わせる必要があります。なお、2020年10月以降に製造されているAirPods Proは保証の対象外です。

EDITED BY
TOKIWA