Googleフォト、2021年6月で保存容量無制限が終了へ

Googleフォト、2021年6月で保存容量無制限が終了へ

Googleは、自身の運営するフォトクラウドサービス「Googleフォト」での無制限ストレージを2021年6月1日から廃止することを発表しました。

Googleフォトでは、スマホやタブレットで撮影した写真と動画を「高画質」設定にしておけば、アップロード容量の上限はありませんでした。しかし、2021年6月1日以降、「高画質」設定であってもGoogleフォトに無料でアップロードできる容量は、各Googleアカウントに割り当てられている15GBが上限となります。そのため、15GBを超える容量を保存したい場合は、ストレージのプランを有料でアップグレードしなければなりません。

ただし、15GBの容量カウントの対象となるのは2021年6月1日以降にアップロードされる写真と動画が対象となっており、2021年5月末までにアップロードされた「高画質」設定の写真と動画に対しては、これまでと同様にアップロードの容量は無制限となります。今すぐに何か対策をとらなければならない、というわけではないので安心してください。

Googleフォト

アプリ版に表示された案内

なお、Googleフォトアプリ内でも無制限ストレージの廃止に関するお知らせが表示されています。このお知らせ画面では、現在の自身の保存容量があとどれくらいの期間利用できるかの推計も確認できます。

EDITED BY TOKIWA