「iOS 13.7」アップデートが配信開始、新型コロナウイルス感染者との接触通知が標準機能に

「iOS 13.7」アップデートが配信開始、新型コロナウイルス感染者との接触通知が標準機能に

Appleは2020年9月1日、iOS 13.7のアップデートを配信しました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者との接触通知機能が標準搭載され、「設定」アプリから接触通知に関する設定ができるようになっています。

iOS 13.7 アップデート

COCOAをインストールしていない状態で接触通知をオンにしようとしたときの画面。App Storeでのダウンロードが促される

リリースノートには「Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます」とありますが、現時点での日本国内における接触通知システムの利用には、厚生労働省による接触確認アプリ「COCOA」のインストールが必要です。

COCOAをインストールしていない状態で「設定」アプリから接触通知をオンにしようとしても、COCOAのインストールを促されるのみで接触通知はオンになりません。ただ今後、厚生労働省の対応によっては、iPhoneのみで接触通知機能が使えるようになる可能性もあります。厚生労働省による発表や対応に注視が必要です。

なお、一部のiPhoneでiOS 13.7のアップデート内容(リリースノート)が、過去のアップデート内容で表示されてしまう不具合が報告されています。

アプリ「新型コロナウイルス接触確認アプリ」をダウンロード
新型コロナウイルス接触確認アプリ

リリースノートは以下のとおりです。

  • iOS 13.7では、Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます。システムが利用可能かどうかは、お住まいの地域の公衆衛生当局による対応状況によって異なります。このリリースには、iPhoneで発生していたその他のバグの修正も含まれています。

iOSのアップデート手順については下記記事で解説しています。

EDITED BY TOKIWA