LINE、タイムラインで「フォロー」機能 友だち以外の投稿が見られる「ディスカバー」等から

LINE、タイムラインで「フォロー」機能を提供開始 友だち以外の投稿が見られる「ディスカバー」から

LINEはタイムラインにおいて「ディスカバー」機能をリリースしました。ディスカバーは友だち以外の投稿が一覧表示される場所で、そこで任意のアカウントを「フォロー」すると、タイムラインにそのユーザーの新規投稿が流れてくるようになります。

LINEタイムライン ディスカバー機能

左:タイムラインの画面にディスカバーアイコンが新設された右:ディスカバーの画面

ディスカバーでは、ユーザーや公式アカウントがタイムラインに全体公開設定で投稿した写真や動画が集約され、一覧表示されます。タイムラインを開いて右上部にある惑星のマークをタップすれば、誰でも閲覧可能です(LINEアプリのバージョン10.3.0以上に対応)。

投稿はユーザーの興味関心に合わせて表示順がパーソナライズされており、コンテンツを見るほど好みにマッチした投稿が見られるようになるといいます。

LINEタイムライン ディスカバー機能

「フォロー」のイメージ

ディスカバー内などで気になったアカウントを「フォロー」すると、そのユーザーを友だちに追加することなく、以後そのユーザーの最新投稿がタイムラインに流れてくるようになります。

従来、LINEタイムライン上では「ネタカード」などの一部を除き、友だち追加していないアカウントの新規投稿を自分のタイムライン上で常に確認することはできませんでした。新登場のフォロー機能により、LINEはタイムラインのオープン化・活性化をはかりたい考えとみられます。

なお、フォロー機能でつながった相手とは、トークによるメッセージのやりとりはできません。

EDITED BY AO