PayPay、金融サービス参入へ ローン・保険・投資などを今春から順次提供

PayPay、金融サービス参入へ 個人向けローン・保険・投資など今春にも提供予定

スマホ決済サービスのPayPay(ペイペイ)が金融サービスに参入することがわかりました。2019年1月17日に都内で開催された記者会見で、PayPay株式会社の中山一郎社長が明らかしています。早ければ2020年春にも一部サービスを開始する見込みです。

PayPayは、決済事業を軸に「遊ぶ」「移動する」「貯金する」といった生活行動をより便利にする「スーパーアプリ化」を掲げており、金融サービスへの参入はその取り組みの一環。PayPayアプリ内のミニアプリを通じて、個人向けローン、ビジネスローン、投資、後払い(リボ払い)、保険などを申し込めるサービスが2020年春から順次提供されます。

PayPay、今春にも金融サービス参入へ 第一弾として個人向けローン、投資、保険など提供予定

中山社長は「自社だけではなく、最もユーザーによい金融サービスを一緒に展開できる金融機関と組んでいきたい。1社(の金融機関)とではなく、複数社とやっていこうと思う」と述べ、各金融機関と提携しながら自社・他社問わずオープンに進める姿勢を示しました。

会見では具体的なサービス内容について言及されませんでしたが、金融サービスの利用イメージについて「ミニアプリなので、非常にわかりやすいUX(ユーザー体験)でシンプルに提供したい。スマホを使った柔軟なサービス展開ができると思っている。一例をあげると、期間をこれまでの金融商品よりも短く、1日だけ、1週間だけといったサービス展開も可能だと考えている」と語っています。

EDITED BY AO