インスタグラムから”親しい友達”限定のメッセージアプリ「Threads(スレッズ)」登場

DM機能がメイン、取り込み中や暇などのステータス表示が便利かも

インスタの”親しい友達”限定でつながるアプリ「THreads」が登場

Instagramは、インスタの"親しい友達”のみとつながる写真・メッセージ共有アプリ「Threads from Instagram」(以後、Threads)をApp StoreおよびGoogle Playにリリースしました。

Threads(スレッズ)は、インスタのストーリーで使える「親しい友達リスト」のユーザーだけとメッセージ送信や写真の共有を楽しめるアプリ。インスタよりもプライベート性の高いやりとりが想定されています。

Threads(スレッズ)の主な機能
  • インスタの親しい友達だけが表示されるDM(ダイレクトメッセージ)ページ
  • 自分のステータスを自由に設定できる(時間あり/取り込み中/食事中/勉強中など)
  • 写真・動画を撮影してすぐに友達へ送信できる

インスタグラムの「親しい友だち」限定で繋がるアプリ「THreads」が登場 インスタグラムの「親しい友だち」限定で繋がるアプリ「THreads」が登場

左:Threadsで親しい友達リストを簡単に設定できる右:親しい友達リストに追加されたアカウントしか出てこないDMページ

ThreadsはInstagramアカウントと紐付いているため、インスタで設定している親しい友達がそのまま反映されます。ThreadでおこなうDMのやりとりや写真・動画の共有は、設定した親しい友達のみでおこなわれ、インスタよりも限定的かつスピーディにコミュニケーションが取れるでしょう。

Threadsでも親しい友達リストのアカウントを自由に取捨選択できますが、変更はインスタグラムの親しい友達リストにも同期されるので注意してください。

インスタグラムの「親しい友だち」限定で繋がるアプリ「THreads」が登場 インスタグラムの「親しい友だち」限定で繋がるアプリ「THreads」が登場

左:ステータスの設定画面右:友達から見たThreadsの画面。自分のアイコンにステータスが表示される

Threadsの機能で特徴的なのが、現在のステータスを自由に設定できる点です。食事中、取り込み中、あるいは暇など、自由にステータスを変えて親しい友達に共有してみましょう。

インスタグラムの「親しい友だち」限定で繋がるアプリ「THreads」が登場

また、アプリを使っていない時間の位置情報や行動、バッテリー残量などから現在の状態を分析して、勝手にステータスを変更してくれる「自動ステータス」機能も備わっています。

EDITED BY BOTAN