Googleリーダーからの卒業、Feedlyが独自プラットフォームを全ユーザーに開放

2013-06-20 20:16
記事タイトルとURLをコピーする

Feedly cloud

2013年6月19日、Feedlyは、全てのユーザが自社サーバ「Feedly Cloud」を利用できるようになったことを発表した。これにより、Googleリーダーに代わる高速かつスケーラブルな環境を提供できるとのこと。

先日、Reederなどの有力RSSクライアントがFeedlyをサポートすることが公表されたように、FeedlyはGoogleリーダーの代替RSSリーダーとしての地位のみならず、新たなプラットフォームに変貌しようとしている。

Feedly Web版も提供開始

また、Feedly Cloudの本格稼働に合わせて、Web版の提供も開始された。従来、FeedlyはAnbdroid・iOSアプリとChrome・Firefox・Safariの拡張機能等として利用可能だったが、Web版の提供開始により、これらの他にもIEやOperaなどのブラウザからも利用できるようになった。

Web版を利用するためには各ブラウザから、feedly.com/にアクセスすればよい。

Feedly Web版

まずは、9サービスと統合

すでにアナウンスされていたgReaderなどのRSSリーダーによるAPI利用も始まっている。

また、新たにIFTTTなどのWebサービスでもFeedlyを利用することが可能となった。現在利用可能なサービスは以下の9つ。

  • IFTTT
  • gReader
  • Press
  • Newsify
  • Nextgen Reader
  • gNewsReader for BlackBerry 10,for Symbian/MeeGo
  • Sprout Social
  • Pure News Widget
  • Menere

他社へのAPI提供決定から、200以上の問い合わせがあったことが公式ブログで明かされており、今後も続々と様々なWebサービスがFeedlyのプラットフォームに参加するものと思われる。

Feedly cloud Apps

Googleリーダーの後継争いはどうなる?

6月17日、ソーシャルニュースサイトDiggが開発中のRSSリーダーを6月26日までに全面公開することを発表するなど、Googleリーダーのリタイアに向けて後継争いは加熱していきそうだ。

国内でもLivedoor Readerを始めとして、様々なRSSリーダーが自陣を拡大しようとする姿勢を見せている。

現在のところ、人気・ユーザ数などの点からFeedlyが一歩先を走っている印象だが、今後の後継レースの行方はいまだ不透明だ。

Happy retirement Google Reader