ソフトバンク、IGZO搭載「AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH」を3月8日発売

2013-03-06 17:00

AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH

SoftBankは6日、シャープ製Androidスマートフォン AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH を3月8日より販売すると発表した。

4.9インチIGZO搭載のハイスペックモデル

「AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH」は、4.9インチ(1280×720)高精細・省電力のIGZOディスプレイを搭載し、プロセッサはQualcomm Snapdragon S4 APQ8064 クアッドコア 1.5GHzを採用する大型ハイスペックモデル。OSはAndroid 4.1。

AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH
AXGP方式の下り最大76MbpsのSoftBank 4Gに対応し、背面カメラは1630万画素の裏面照射型CMOSを搭載し、手ブレ軽減機能も優れる。RAMは2GB、内蔵ストレージは32GB。

防水・防塵、おサイフケータイ、NFC、ワンセグ、赤外線通信に対応する。サイズは幅69×高さ137×厚さ10.9mm(突起部を除く)で、カラーはアーバンブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色となる。

AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH
なお、「AQUOS PHONE Xx SoftBank 203SH」を購入し応募した先着1万名に、カバンやポケットに入れたままでも通話やメール、SNSの確認ができる「クリップディスプレイ」のプレゼントキャンペーンが実施される。