Gmailの公式アプリがアップデート、サードパーティアプリからラベルへのアクセスが可能に

2012-04-05 15:13
記事タイトルとURLをコピーする

Gmailの公式アプリがアップデート、サードパーティアプリからラベルへのアクセスが可能に

Gmailの公式アプリでアップデートが行われ、Google Playで公開された。今回のアップデートでは主に、Android3.2の端末でAndroid 4.0向けと同等の機能をサポート、Android2.2と2.3向けにはサードパーティアプリから特定アカウントの受信トレイやラベル(カテゴリ別のメール分類)の未読にアクセス可能になる、などの改善がなされている。

前者では、メール間をスワイプで切り替えたり、アカウントをタップして最近のラベルにアクセス、およびラベルごとにカスタム通知を設定できるようになった。また、オンラインでもオフラインでもすばやくメッセージをチェックできるように、過去30日間のメッセージが同期可能になったという。

後者においては、アプリ開発者向けに新しいLabels APIがサポートされた。これにより、Gmailの未読メールをチェックしたりするといった機能を持つ、Gmail Widgets Freeのようなサードパーティ製のアプリやウィジェットが今後多くリリースされてくるかもしれない