アプリ「Gmail Widgets Free」Android2.2や2.3のスマホでもGmailのウィジェットが使える #Android

Gmail Widgets Free-Android

おすすめのポイント

  • Gmailの未読メール数やプレビューを表示できるウィジェット
  • ほとんどの類似アプリで強制終了が頻発する中、最新版Gmailアプリに対応し安定動作
  • デフォルトでGmailウィジェットのないAndroid2.2、2.3の端末で特に活躍
  • サイズは4×1、4×2、4×4の3種類、有料版ではデザインも9パターンから選択可能
  • マルチ(複数の)アカウントもサポートする

Androidアプリ レビュー

FroyoやGingerbreadでも使えるGmailウィジェット

android-Gmail Widgets
未読メール数やそのプレビューが表示される。サイズは3種類が用意されている。
android-Gmail Widgets
アカウントを選択して[Add widget]をタップすればホーム画面に配置される。

「ちゃんと動く」Gmailウィジェット

Android端末を使っているなら、おのずからGmailを利用している人は多いだろう。使用頻度が高ければ高いほど、未読メールなど受信箱の中身がすぐ確認できて便利なのがウィジェット。が、Android3.0以上の端末ではデフォルトのGmailウィジェットがあるものの、それ未満のスマホには残念ながらサポートされていない。そこでオススメしたいのが、このGmail Widgets Freeだ。

本アプリでは、Gmailに届いたメールを迅速にウィジェット上に反映し、ホーム画面からすばやく未読メール数やそのプレビューのチェックが行える。実はこうした「Gmailウィジェット」として、すでにGmail Inbox Widgetなどのような類似アプリが大量にPlayストアにリリースされている。しかし、Gmailの最新アップデート後、ほとんどのものが異常終了が起こり動作しなくなっているのが現状。また多くは有料でもある。

それゆえに、標準でGmailウィジェットのないAndroid2.2や2.3のユーザーは、しっかり機能してデザイン性も悪くない、Gmail Widgets Freeのようなウィジェットの登場を待っていたのではなかろうか。

マルチアカウント、サイズも3種類

インストール後、本アプリはドロワーなどにアイコン表示されないため、ホーム画面をロングタップし[ウィジェット]から配置する。サイズは4×1、4×2、4×4の3つがあるので、左上の画像を参考に好みのものを選ぼう。ちなみに、ウィジェット右上にあるメールのマークをタップすると、メール送信の画面が一発起動する。

さて、サイズを選択したら右上のような設定画面に移る。複数のGmailアカウントを持っている場合は、最上部の選択タブから表示したいアカウントを指定する。異なるアカウントを指定したウィジェットを複数置けば、それぞれのアカウントの受信箱が表示されるマルチアカウント対応というわけだ。

見た目重視派は有料版も

続いて、未読メールのみウィジェット表示させたい場合は、その下の[Show only important messages]にチェックを入れよう。最後に[Add widget]をタップすれば設置完了となる。

なお、有料版のGmail Widgetsでは、ウィジェットのデザインが9パターンから選べるようになるため、見た目にこだわりたい人はそちらも検討してみてはいかがだろう。