Google Playが誕生、更新後は従来のAndroid Marketアプリが使用不可に

2012-03-07 11:39
記事タイトルとURLをコピーする

android-tool-app-inventor-edu

3月7日、「Google Play」が始動した。Google Playは、Android Marketや映画、音楽、電子書籍のストアを統合し、クラウド環境でデジタルコンテンツを配信するサービスだ。日本では、Android Marketと映画のみ対応している(3月7日時点)。

「Android Market」は今後、「Google Play ストア」で従来のサービスを提供する。システムなどは、現時点で大きな変更がない。

「映画」の場合は、再生して見るか、ダウンロードしてオフライン環境で見るか選択できる。ダウンロードした場合はAndroid端末で見られるが、PCでは見られない。

Google Playの開設を記念してか、アプリのセールが始まっている。対象は25本。

アプリが変わるので注意


android-tool-app-inventor-edu

Android Marketのアプリを起動すると、Google Playに変更したというダイアログが出現し、マーケット同様に利用許可を求められる。承認すると、一部のユーザはGoogle Playをダウンロードできて、使用できる。ダウンロードが開始しないユーザも、いずれダウンロードできるようで、順次対象ユーザが増えていく見込みだ。

もしダウンロードできた場合は、従来のAndroid Marketのアプリは使用できなくなるので、要注意。ホーム画面にAndroid Marketのショートカットを置いていた場合は、従来のリンクではマーケットに移動できない。

そして、写真のようなアイコンの「Playストア」というアプリを発見できる。このアプリを使用することで、Google Play ストア(マーケット)を利用することができる。

APKファイルをダウンロードする場合は自己責任で

Google PlayのAPKファイルについて、現時点ではXDAのフォーラムから入手が可能。
ただし、公式の配布ではないので、インストールは自己責任で行うこと。

参考LINK