USBメモリ型Android端末「Cotton Candy」は3月出荷開始

2012-02-28 22:17
記事タイトルとURLをコピーする

android-cotton-candy_mwc

以前にニュースで話題となったUSBメモリ型のAndroid端末「Cotton Candy」が27日より開催されているMWC2012にて展示されており、3月からの出荷を予定していることが分かった。

「Cotton Candy」はノルウェーのFXI technologiesが開発しているUSBメモリ型のAndroid端末。ノートPCやMac、タブレット、ディスプレイ、テレビ、セットトップボックスなど、USBで接続できるスクリーンがあればそれを「Cotton Candy」のスクリーンとして利用できる。
彼らは、クラウドサービスが充実している現在、どんな環境からでもAndroidを通じてアクセスを可能にし、ユーザー体験を統一しつつ、どんな環境へも個人的で安全なコンピューターを手軽に持ち運べるようにすることを目指している。


android-cotton-candy_mwc

スクリーンをCotton Candyが乗っ取るような形で利用する

「Cotton Candy」はプロトタイプではAndroid 2.3とUbuntuを搭載していたが、おそらく近いうちにAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)を搭載するだろうとのこと。
以前発表されている接続方式は、USB2.0、HDMI 2.1となっていたが、今回展示されたものはmicro-USBにも対応していたようだ。

出荷は3月より始まるとのことで、価格は199ドルと予定されている。

Cotton Candy スペック

  • OS:Android、Ubuntu
  • 仮想クライアント:Windows、Linux、Mac
  • サイズ:80×25mm(プロトタイプ)
  • 重さ:21g(プロトタイプ)
  • CPU:ARM Cortex A9 デュアルコア1.2GHz
  • メモリ:1GB RAM、64GB microSD
  • ネットワーク:802.11 b/g/n、Bluetooth 2.1 + EDR