レノボ、Android4.0搭載の最強スペックタブレット「IdeaPad K2」発表へ

2012-01-09 16:30
記事タイトルとURLをコピーする

android-IdeaPad K2

レノボがAndroid4.0を搭載するハイスペックタブレット『IdeaPad K2』を10日から始まるCES2012で発表するようだ。

Engadgedによると、Lenovoが今回発表するタブレットは『LePad K2010』。『LePad』は中国向けのモデル名で、中国以外には『IdeaPad』というモデル名で販売される。『LePad K2010』は『IdeaPad K2』という名称で世界販売される見込みだ。

『IdeaPad K2』は、OSには最新のAndroid4.0(Ice Cream Sandwich)が採用され、市販のAndroid端末に採用されているチップで最も高速なクアッドコアプロセッサNVIDIA Tegra3を搭載している。画面サイズは10.1インチ、解像度は1,920×1,200(WUXGA)と、およそ現時点では最高のスペックを有しているタブレットと言えるだろう。
他に800万画素のカメラと指紋認証機能を搭載し、主にビジネス用途を想定しているようだ。

以前のリーク情報によると、RAMもDDR 3の2GBを採用しており、まさに最強スペック。
価格はリーク情報によると599ドルあたりになると思われる。