AQUOS PAD SHT21:レビュー・スペック一覧

2012-10-19 16:29
記事タイトルとURLをコピーする

シャープ製「AQUOS PAD SHT21」は、約7インチのディスプレイに省エネ&明るさを両立する「IGZO液晶」を搭載し、防水、ワンセグなどにも対応しながら、片手で持てるコンパクトな横幅と重さ280gを実現したスリムなタブレットだ。

IGZO液晶搭載の超軽量・スリムなタブレット

AQUOS PAD SHT21

まず注目は、シャープが誇る新世代ディスプレイ「IGZO液晶」の搭載だ。解像度こそ1280×800ピクセルと標準レベルだが、消費電力の低減し従来機に比べ約2.5倍の電池持ちしつつも、明るく透明感のある映像を再現する。さらに、タッチパネルの精度も向上している。

高感度でスムーズなタッチ操作が可能で、手袋をはめた状態や先の細いペン、爪などによる操作にも対応する。また、本体には小型のスタイラスペンも内蔵されている。画面下部にあるペンボタンをタップすれば、どの画面でも手書きでメモを書くことができ、スクリーンショットにメモ書きを残す要領で、pdf、png形式などで間単に保存・共有が行える(下記動画参照)。

AQUOS PAD SHT21

チップセットはQualcomm Snapdragon S4 pro MSM8960 1.5GHz デュアルコアを搭載する。メインカメラは約808万画素のCMOS、RAMは1GB、内蔵ストレージは16GB。バッテリー容量は3460mAh。Android4.0を搭載する。通信は4G LTEで、防水・防塵のほかNFC、ワンセグ、テザリングなどに対応するが、赤外線通信、おサイフケータイには非対応。

本体サイズは約106×190×8.9mmで重量は約280g。7インチクラスの防水・防塵対応タブレットでは驚異的な軽さといってよく、横幅がスリムで手帳や長財布のような持ち慣れたサイズ感。持ち運び系タブレットとして非常に実用的に感じた。

AQUOS PAD SHT21の実機をチェック

7インチのタブレットということで「Nexus 7」との比較になるが、「AQUOS PAD SHT21」のほうが明らかに軽く、片手で縦持ちの状態では特に楽に感じた。液晶も目に優しく、個人的には通勤時に電子書籍を読んだりするシーンにピッタリだと思えた。

カラーはフィールブラックの1色のみで、発売日は12月中旬の予定だ。

AQUOS PAD SHT21の仕様

  • 発売日:2012年12月上旬発売予定
  • ディスプレイ:約7.0インチ WXGA(1280×800ピクセル IGZO液晶[1677万色])
  • OS:Android 4.0
  • チップセット:Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz デュアルコア
  • メモリ:内蔵ストレージ 16GB / RAM 1GB
  • サイズ:約106×190×8.9mm
  • 重さ:約280g(暫定値)
  • メインカメラ:約808万画素
  • サブカメラ:約31万画素/CMOS
  • バッテリー:約3460mAh
  • 4G LTE:○
  • WIN HIGH SPEED:○
  • Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n
  • テザリング:○
  • Bluetooth通信:Ver.4.0
  • 防水・防塵:○
  • おサイフケータイ:×
  • NFC:○
  • ワンセグ:◯
  • 赤外線通信:×
  • 緊急速報メール:○
  • au スマートパス:○
  • 安心アクセス for Android:○
  • グローバルパスポート:×
  • GPS:○
  • 外部メモリー(最大対応容量):microSD / microSDHC / microSDXC 64GB
  • カラー:フィールブラック

関連記事:au 2012年冬モデル スマホ まとめ

AQUOS PAD SHT21

AQUOS PAD SHT21