LINE、アカウント引き継ぎ方法を一部変更 機種変更時に旧端末での「許可」が必要に

2016-01-27 17:02
記事タイトルとURLをコピーする

LINE 機種変更 引き継ぎ許可

LINEは2016年2月から機種変更時のアカウント引き継ぎで、旧端末における「引き継ぎ許可」設定を導入することを明らかにしました。

2016年2月4日から設定が有効化されました。

現状のLINEでは、機種変更でアカウント引き継ぎをおこなうにあたってメールアドレスとパスワードおよびPINコードを事前に登録しておく必要があります。今回の変更は、従来の「PINコード」の代わりに、旧端末のLINEでの「引き継ぎの許可」設定を導入するというものです。

失敗しない、機種変更時にLINEを引き継ぎする方法

「引き継ぎの許可」設定とは

LINE 機種変更 引き継ぎ許可

新たに「引き継ぎの許可」設定が必要となる対象ユーザーとして、機種変更で電話番号が変更となる場合、またはFacebook認証(ログイン)でLINEを利用していて機種変更する場合が挙げられています。

設定の手順は、機種変更前のLINEで「その他」から[設定]→[アカウント]→[2段階認証]と進み、[アカウントを引き継ぐ]の項目をオンにします。設定後、24時間以内にアカウントを引き継がなくてはならず、24時間をオーバーした場合は再度許可設定が必要です。

なお、「引き継ぎの許可」設定の導入に伴い、2016年2月以降はPINコードは不要になります。

「引き継ぎの許可」設定をし忘れた場合

LINE 機種変更 引き継ぎ許可

新機種での引き継ぎ(ログイン)手順は従来通りですが、電話番号の変更を伴う機種変更やFacebookログイン利用時の機種変更にもかかわらず、旧端末での「引き継ぎの許可設定」がオフになっている場合、上掲の画面が表示されます。

旧端末がまだ使える時は、旧端末のLINEの「その他」から[設定]→[アカウント]→[2段階認証]と進んで、[アカウントを引き継ぐ]の項目をオンした後、新端末のLINEで[続行]をタップします。もしくは、新端末のLINEで[認証番号を受け取る]を選択し、旧端末のSMSとLINEで受け取った認証番号を入力します。

また、すでに旧端末が使えない場合は新端末のLINEで[上記の方法が利用できない場合]をタップし、LINEに登録してあるメールアドレスを入力します。そのメールアドレス宛てに認証URLが届いたら、URLをタップ。再度LINEを開いて[アカウントを引き継ぐ]ボタンを選択して引き継ぎを進めることが可能です。

iTunesバックアップによるLINEアカウントやトーク履歴の引き継ぎも変わらず可能

ただし、トーク履歴についてはアカウント引き継ぎのほか、Android/iPhoneとも別途バックアップ・復元の作業が必要となります。

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法

LINE 機種変更 引き継ぎ許可

特にiPhoneについては、iTunesで暗号化バックアップ・復元をおこなうことにより、LINEのアカウント引き継ぎとトーク履歴の引き継ぎ(復元)をすることが可能です。この方法では通常、電話番号が変わったとしても新端末におけるLINEログインのステップが省かれます。

このため、今回の「引き継ぎの許可」設定の導入は、最近話題になった、iTunes経由による引き継ぎ(機種変更)をすると旧端末においても同アカウントでLINEを継続利用できる、という現象への直接的な対策ではないようです。

漏れたベッキー不倫トーク、LINEも本音がにじみ出る