【iOS 15】iPhoneの写真アプリでExif情報を確認・変更する方法

位置情報の削除も可能

iOS 15へのアップデートにより、iPhoneの「写真」アプリで、写真の撮影日時や場所などを確認できる「Exif(イグジフ)」情報が表示されるようになりました。本記事では、Exif情報を確認する方法をはじめ、そこに表示される内容を編集する方法なども解説します。

Exif(イグジフ)情報とは?

Exif情報とは、デジタルカメラやスマートフォンで写真を撮った際に、写真1枚1枚に記録される情報のことです。撮影日時や使用したカメラ、解像度、設定(ISO感度や絞り)などが見直せるため、写真の管理や分析に役立ちます。

また、GPSが搭載されたiPhoneなどでは、自動的に撮影した場所(位置情報)が埋め込まれるので、どこで撮影したか思い出す時に便利です。

iPhoneの写真アプリでExif情報を見る方法

iOS 15にアップデートしていれば、iPhoneの写真アプリで簡単にExif情報が見られます。手順とともに、表示される内容についても紹介します。

Exif情報を確認する手順

「写真」アプリを開き、Exif情報を確認したい写真を選択します。

選んだ写真の画面に進んだら、画面下にある「i」マークをタップするか、画面を下から上にスワイプします。

画面の下半分にExif情報が表示されるので、撮影日時や位置情報などを確認できます。

Exif情報を開いたまま左右にスワイプすると、スワイプ後に表示される別の写真もExif情報が表示された状態のまま閲覧できます。

Exif情報に表示される内容

Exif情報には日時や位置情報だけでなく、ファイルのサイズやシャッター速度といった詳細な情報が記載されています。

撮影日時

Exif情報の最上部には撮影日時が、西暦年数、月日、曜日、時間の順で表示されます。

撮影場所

Exif情報の最下部には、撮影場所が地図とともに表示されています。

地図をタップすると、地図アプリのように拡大や縮小しながら撮影した場所を確認できます。

地図の下にある[周辺の写真を表示]をタップすると、近くで撮った写真が地図上に表れます。

右下の「i」マークをタップし、通常の地図に加えて「地図+写真」「航空写真」を選択して楽しめます。

ファイル名・ファイルフォーマット

写真のファイル名は、撮影日時のすぐ下に「IMG_」から続く4桁の数字で記載されています。

ファイルフォーマットは、iPhone端末の右横に囲みで表示されます。

使用したiPhone端末、レンズの種類

撮影に使ったiPhoneモデルが一目で分かります。

またレンズの種類には、利用カメラ名、焦点距離、F値が記載されています。

ファイルサイズ(画素数・大きさ・容量)

写真の画素数、大きさ、容量といったファイルサイズも表示されます。

設定数値(ISO感度・露出補正値・シャッター速度)

写真を撮影した時の設定数値も詳細に分かります。

ISO感度、露出補正値、シャッター速度などの数値で表示されるので、iPhoneでこだわりの1枚を撮影する時などに確認するのをおすすめします。

スクリーンショットの場合

スクリーンショットで撮影した写真にも、Exif情報が反映されます。

ただし、iPhoneのカメラで撮影した写真と比べて情報量がかなり少なくなっています。

Exif情報の撮影日時と撮影場所は変更できる

Exif情報に埋め込まれている撮影日時と撮影場所は、編集が可能です。中途半端な時間を切りのいい時間に設定したり、少しずれている位置情報を修正したりする時に便利な機能となっています。

撮影日時を変更

撮影日時を変更する場合、対象の写真を選んでExif情報を開きます。

撮影日時の横にある[調整]をタップするとカレンダーが表示されるので、変えたい日時を設定できます。

撮影場所を変更・削除

撮影場所を修正する際には、写真のExif情報を開き、地図の右下にある[調整]をタップします。撮影した場所に近い住所や建物などが表示されるので、設定したい場所を選択しましょう。

見当たらない場合は、検索バーから住所を探しましょう。なお、Exif情報から撮影場所の詳細情報をなくしたいときは、[位置情報なし]をタップしてExif情報から削除も可能です。

検証バージョン
iPhone12
iOS
15.0
EDITED BY
KON