「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」正式発表、価格・発売日・基本スペックまとめ

「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」正式発表、価格・発売日・基本スペックまとめ

Appleは2019年9月10日(米国時間)、「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」を正式発表しました。

Appleが発表イベントで大きく時間を割いたのは、カメラ機能の向上について。裏を返せば、カメラ関連以外の新機能はインパクトに欠けるものだっととも受け取れます。

本記事では、新しいiPhoneの特長をざっくりまとめます。

充実するカメラ機能、Proシリーズは超広角+広角+望遠のトリプルカメラを搭載

カメラ

ポジション的にはiPhone XRの後継と言ってよい「iPhone 11」は広角・超広角のデュアルカメラを搭載し、iPhone XSシリーズの後継となるiPhone 11 Proシリーズは広角・超広角に加え望遠のトリプルカメラ構成となりました。

超広角カメラは120度の視野角で、従来比で最大4倍の範囲を撮影できます。望遠・広角・超広角のカメラを切り替えることで、0.5倍から2倍までの光学ズームを実現しています(デジタルズームは最大10倍)。

機種名 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
アウトカメラ デュアル12MPカメラ(超広角と広角) トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)
超広角:F/2.4 広角:F/1.8 超広角:F/2.4 広角:F/1.8 望遠:F/2.0
光学式手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
ナイトモード
自動調整
より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
次世代のスマートHDR(写真)
ビデオ撮影 2倍の光学ズームアウト、最大3倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大6倍のデジタルズーム
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
オーディオズーム
QuickTakeビデオ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ステレオ録音
インカメラ TrueDepthカメラ
12MPカメラ
F/2.2
Retina Flash
次世代のスマートHDR(写真)
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
アニ文字とミー文字

ナイトモードが追加

ナイトモード

新たに追加されたナイトモードでは、夜間の低光量でも鮮明な写真を撮影できます。カメラが自動で細部の色合いを調整し、暗い場所でも精細な画像を実現します。

ポートレートモード

ポートレートモード

これまでポートレートは人物しか認識できませんでしたが、これからはペットなどのポートレートが撮影できるようになります。また、人間の脚など身体の一部もポートレートとして作成できます。

QuickTake(クイックテイク)

クイックテイク

写真を撮影しているときにスムーズにビデオ撮影に移行することが可能になります。シャッターボタンに指を置いたままにするだけでビデオ撮影がスタートします。スワイプ操作によってバーストモードの撮影への移行も可能です。

スローフィー

スローフィー

iPhone 11シリーズからは、フロントカメラが12MPになります。4K撮影にも対応し、より高画質なセルフィーを撮影できます。

また、iPhone 11シリーズではスローモーションのセルフィー動画(Appleいわく、スローフィー)の撮影が可能になりました。フロントカメラで撮影できる映像の幅が多彩になった形です。

バッテリーの持ちがよくなり、高速充電も容易に

バッテリー

機種名 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
ビデオ再生 最大17時間 最大18時間 最大20時間
ビデオストリーミング再生 最大10時間 最大11時間 最大12時間
オーディオ再生 最大65時間 最大80時間
高速充電

iPhone 11はiPhone XRよりも最大1時間長いバッテリー駆動時間、iPhone 11 ProはiPhone XSよりも最大4時間長いバッテリー駆動時間、iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxよりも最大5時間長いバッテリー駆動時間で最も大容量のバッテリーとなっています。

iPhone 11シリーズでは、本体に付属の18Wアダプター(従来は5Wアダプター)で高速充電ができるようになりました。付属のケーブルは、LightningとUSB Type-Cのコネクタがついたものへと変更になっています。

引き続き、Qi規格のワイヤレス充電にも対応します。ただし、Appleは独自開発していたワイヤレス充電器「AirPower」の開発を中止しているため、サードパーティ製の充電器を利用する必要があります。

その他の基本スペックはどうなった? 多彩なカラバリや3D Touchの廃止など

バリエーション

機種名 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
カラー ホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッド(PRODUCT RED) スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーン、ゴールド
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB 64GB、256GB、512GB
高さ 150.9mm 144.0mm 158.0mm
75.7mm 71.4mm 77.8mm
厚さ 8.3mm 8.1mm
重さ 194g 188g 226g
ディスプレイ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
3D Touch ×
チップ A13 Bionic
メモリ 不明
Face ID
Touch ID ×
センサー Face ID、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
ApplePay
防水・防塵 IP68等級(最大水深2メートルで最大30分間) IP68等級(最大水深4メートルで最大30分間)
コネクタ Lightning

カラーバリエーションには、iPhone 11 Pro/Pro Maxに新色としてミッドナイトグリーンが追加されました。iPhone 11には6色の豊富なバリエーションが用意されています。

プロセッサにはA13 Bionicを搭載。Appleは(例年どおり)最速のCPU、最速のGPUだと謳っています。

iPhone 11シリーズのディスプレイでは、かねてからの噂どおり、3D Touch機能が廃止されました。代わりにiPhone XRと同様の触覚タッチ(Haptic Touch)を採用しています。

生体認証はFace IDを30%高速化。Touch IDの復活はありません。防水防塵性能はIP68級で、日常使いには何ら問題のないレベルです。

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの価格・発売日・予約開始日(日本国内)

価格

機種名 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
価格(税別) 64GB:7万4800円
128GB:7万9800円
256GB:9万800円
64GB:10万6800円
256GB:12万2800円
512GB:14万4800円
64GB:11万9800円
256GB:13万5800円
512GB:15万7800円
予約開始日 2019年9月13日21時
発売日 2019年9月20日

iPhone 11/iPhone 11 Proの発売日は2019年9月20日、予約開始日は2019年9月13日21時です。

EDITED BY TOKIWA