iPhone「通知されなかった着信」通知の意味とは?

電話の着信に関するiOSの標準機能

着信の覚えがないのに、iPhoneの通知に電話番号が表示されて不気味に思ったことはないでしょうか。しかも、通知画面には「通知されなかった着信」という意味不明の文字。一体何が起こっているのでしょう。

今回は、この不思議な着信通知について解説します。

「通知されなかった着信」が表示される理由

「通知されなかった着信」と通知に表示されて、不安になる人もいるかもしれませんが、安心してください。これはiOSが搭載しているスパム電話を着信拒否する機能です。

この機能は、「設定」アプリ→[電話]→[不明な発信者を消音]にある「不明な発信者を消音」をオンにすると有効になります。初期状態ではオフになっています。なにかの機会にオンになっていた場合、不明な電話番号からかかってきた電話の着信音は鳴りません。着信中でも着信を示す通知は非表示になり、あとで「通知されなかった着信」として通知が残ります。

不明な発信者というのは、一度もかかわったことのない電話番号や、連絡先のリストに保存されていない電話番号を意味します。電話番号を使ってテキストメッセージを送信したことがある場合は、通常どおり通知されます。また、メールを介して電話番号をやりとりしたことがある場合も通知してくれます。

「不明な発信者を消音」は相手に分かる?

「不明な発信者を消音」をオンにしているかどうかは、相手には分かりません。着信音が鳴らないだけで、相手からは普通の通話と同じに見えるからです。

留守番電話があるときは留守番電話につながりますし、留守番電話サービスを利用していないなら、相手のスピーカーからは呼び出し音が聞こえるだけになります。

緊急電話をかけると一時的に解除される

緊急電話(緊急SOS)をかけると、「不明な発信者を消音」機能は一時的に解除されます。24時間は見知らぬ番号からの電話でも着信が通知されます。

緊急電話は、緊急時に110(警察)、118(海上保安庁)、119(火事、救急車、救助)へかけられる電話のことです。サイドボタンを5回押すか、パスコードの入力画面で[緊急]をタップするとかけられます。

大事な連絡先はあらかじめ登録しておく

「不明な発信者を消音」を使うと、商品の勧誘やいたずら電話など、望まない通話から距離を置くことができます。このような電話がよくかかってきて煩わしく感じているなら、「不明な発信者を消音」で平穏を得られるでしょう。

「不明な発信者を消音」は、知らない人からの電話は出ないという人に一見便利な機能に感じられます。しかし、大事なのは「不明な発信者を消音」をオンにする前に、かかってくる可能性のある電話番号をすべて登録しておくということです。

前述のように、「不明な発信者を消音」をオンにすると、一度もかかわったことのない電話番号や、連絡先に登録されていない電話番号からの着信をすべて拒否します。かかってきたことにも気づかないので、そのような電話は100%取り逃します。クレジットカード会社や保険会社からの連絡など、なかには重要な電話もあるかもしれません。

とはいえ、連絡先を教えた人やお店など、一度もやりとりしたことがない相手から電話がかかってくる場合もあります。前もってすべての連絡先を保存しておくのは現実的ではないでしょう。

「通知されなかった着信」という通知が表示されたら、「不明な発信者を消音」を継続して利用するかどうか慎重に判断する必要があります。

特定の電話番号からの着信を拒否したいときは「着信拒否」機能を使う

知らない番号からの着信ではなく、連絡先にある電話番号や過去にやりとりをしたことのある特定の電話番号を着信拒否にしたいときは、iPhoneの「着信拒否」機能を利用しましょう。

着信拒否に設定した電話番号以外からの着信には影響しないので、知らない電話番号からよく電話がくるという人でも問題ありません。

EDITED BY
TOKIWA