iPhone「スクリーンタイム」の使い方──パスコード設定やファミリー共有の方法も解説

iPhoneの使いすぎを可視化して防止する

スクリーンタイムを使えば、iPhoneを使用していた時間や使ったアプリの内訳をグラフで視覚的に確認できるほか、ユーザー自身の意志でiPhoneの使い方を制約できるようになります。また、ファミリー共有機能と併用すると、子どものiPhone使用を制限できます。

SNSやゲームをしていると、ついつい思っている以上に時間を費やしてしまうもの。スクリーンタイムで自分のiPhone使用時間を知り、日々のスマホ生活を振り返ってみるのもいいかもしれません。

本記事では、スクリーンタイムの設定・解除はもちろん、各機能の便利な活用方法をわかりやすく解説します。

iPhoneの「スクリーンタイム」機能とは?

スクリーンタイムは、iOS 12より搭載しているiOSの標準機能です。iPhone・iPadでどのように時間を費やしているのか、データをまとめ、グラフでレポートしてくれます。

また、ファミリー共有と併用すれば、家族のiPhone使用状況を確認・制限できます。

親世代にとっては、子どもの長過ぎるiPhone使用時間は頭痛の種になりがち。この点、スクリーンタイムを使えば、子どもがLINEやTwitterでのコミュニケーションにのめり込みすぎたり、ゲームアプリで遊びすぎて勉強を疎かにしたりすることを、親のiPhoneから制限できます。

スクリーンタイムの設定方法

スクリーンタイムはiOSの標準機能ですが、利用を開始するにはスクリーンタイムをオンにする必要があります。

スクリーンタイムを有効にするには、「設定」アプリでスクリーンタイムを開き、スクリーンタイムをオンにするをタップします。

スクリーンタイムについての説明画面が表示されたら続けるをタップします。

自分用か子ども用か選択

続いて、スクリーンタイムを設定するiPhoneが自分用か、子ども用かを選択します。

スクリーンタイムのメイン画面

これは自分用のiPhoneですを選択すれば、スクリーンタイムは有効になりメイン画面が表示されます。スクリーンタイムのメイン画面では、使用時間の確認やそのほか各種設定をおこなえます。

子ども用のiPhoneの設定に進んだ場合

これは子供用のiPhoneですを選択すると、そのまま休止時間等の設定画面に移行します。

[これは子供用のiPhoneです]を選択すると休止時間や制限時間の設定に移行する

設定が完了したら、休止時間や制限時間を保護するためのスクリーンタイム・パスコードを設定し、子どものiPhoneのスクリーンタイムは完了です。

ウィジェットでのスクリーンタイム表示画面

スクリーンタイムはウィジェットでも確認できます。ウィジェットは3種類あり、その日のiPhone使用時間やアプリごとの利用時間を確認できます。より詳細な情報を知りたいときは、「スクリーンタイム」の項目をタップするとスクリーンタイムのメイン画面に移動できます。

スクリーンタイムを解除する(オフにする)方法

後述するスクリーンタイム・パスコードの設定の有無によって、スクリーンタイムを解除して設定をオフにする方法が異なります。

スクリーンタイムをオフにすると、それまでの使用状況に関するデータがすべて消去されるので注意してください。

スクリーンタイム・パスコードが未設定の場合

スクリーンタイム・パスコードを設定していない場合にスクリーンタイムを解除するには、「スクリーンタイム」画面でスクリーンタイムをオフにするをタップし、確認メッセージでもスクリーンタイムをオフにするをタップすれば完了です。

スクリーンタイム・パスコードが設定されている場合

スクリーンタイム・パスコードが設定されている場合、スクリーンタイム解除の基本的な流れはスクリーンタイム・パスコード未設定の場合と同様です。ただし、解除の要件としてスクリーンタイム・パスコードの入力が加わります。

[スクリーンタイムをオフにする]をタップすると、スクリーンタイム・パスコードが要求される

スクリーンタイムをオフにするをタップするとスクリーンタイム・パスコードの入力が求められるので、設定された4桁の数字を入力してください。スクリーンタイム・パスコードを入力した後、確認メッセージが出てきたらスクリーンタイムをオフにするをタップします。これで解除完了です。

スクリーンタイム・パスコードが設定されている場合、スクリーンタイム・パスコードの入力を回避してスクリーンタイムを解除する方法はありません。

スクリーンタイムで確認できること

スクリーンタイムには、毎日0時〜23時59分までの24時間で、どれくらいiPhoneを使用したかが記録されます。

日単位・週単位の使用状況

「設定」アプリ→スクリーンタイムで「スクリーンタイム」画面に移動し、すべてのアクティビティを確認するをタップすると、自身のスクリーンタイムの記録を確認できる画面に移動します。

ここでは、毎日の使用状況がグラフで表示され、使用時間の長かったアプリが分かります。

グラフの上部には、週合計時間を7で割った、1日あたりの平均使用などが表示されています。個々のアプリの使用時間を見ることで、どのアプリを制限するか考えるときの目安になります。

画面上部でをタップすると、その日の使用状況が1時間単位でグラフ化されます。使用時間の多い時間帯がグラフを見れば一目瞭然で、iPhoneを操作しない休止時間を設けたいときなどの参考になります。

iPhoneの持ち上げ回数・最初に開いたアプリ・アプリの通知回数

iPhoneの持ち上げ回数

アプリの通知回数

画面をスクロールすると、iPhoneを持ち上げた回数と持ち上げてから最初に開いたアプリ、アプリの通知回数を確認できます。

持ち上げ回数と通知回数も週単位で確認できます。

スクリーンタイムで休止時間を設定する

スクリーンタイムでは、iPhoneの使用状況の確認だけでなく、アプリ利用を制約する「休止時間」を設定できます。「休止時間」の間は、「電話」アプリと許可したアプリのみ使用できるようになります(電話アプリは常に許可された状態)。

休止時間中は「電話」アプリと許可したアプリのみ使用できる

スクリーンタイムの目玉機能といってよい「休止時間」。「常に許可」とセットで使う

休止時間に使用するアプリの許可は「常に許可」で自由に変更できます。たとえば寝る前にiPhoneから離れたいのであれば、SNSアプリやニュースアプリ、動画アプリのような依存性の高いアプリの許可を外しておくとよいでしょう。

常に許可するアプリを設定する

休止時間中に許可されていないアプリは、原則としてプッシュ通知を含め一切の通知が届かなくなります。

LINEの通話着信は通知されることも

LINEにかかってきた無料通話は、プッシュ通知される場合があります。具体的には、LINEアプリ内で「iPhoneの基本通話と統合」を有効にしていると、通話の着信があるといつもどおり通知されます。

LINEの通話機能とiOSの電話機能の統合は、LINEアプリ内で設定を変更できます。

「iPhoneの基本通話と統合」を有効にするとiPhoneの「電話」アプリでLINEの無料通話を利用できて便利な反面、休止時間中であってもLINEの通話が通知されてしまうデメリットが生じる点に注意が必要です。

休止時間を設定する方法

「休止時間」を有効にする

「毎日」か「曜日別」を指定する

まず「休止時間」を有効にします。次に、休止時間の設定を「毎日」か「曜日別に設定」から選択してください。

「毎日」に設定すると、曜日に関係なく一定の時間に休止時間が開始されます。

「曜日別に設定」を選ぶと、曜日ごとに自由に休止時間を設定できます。曜日によって休止時間の設定を外すこともできるので、月曜日〜金曜日に学校や仕事がある場合は、前夜の利用を制限するために日曜日〜木曜日にのみ休止時間を設定する、といった使い方も可能です。

休止時間開始5分前の通知

休止時間中のホーム画面

スクリーンタイムの通知を有効にしている場合は、設定した休止時間の5分前に通知が来ます。休止時間が始まると、許可されていないアプリは砂時計マークが付いてアイコンが暗くなります。

休止時間を無視する

休止時間中に許可されていないアプリを開くと、「制限時間を超えました」という画面が表示され、アプリは使用できません。

ただし、どうしても休止時間中に許可されていないアプリを開きたい場合もあるでしょう。自分で自分に課したルールを破りたい場合は制限を無視のメッセージをタップします。すると、あと1分15分後に再通知今日は制限を無視の選択肢が現れるので、いずれかを選択すればアプリが使用できるようになります。

  • あと1分:パスコードをかけていても1分間だけアプリを開くことができます
  • 15分後に再通知:開いているアプリの使用権限が15分間与えられ、15分後に再度「制限時間を超えました」という画面へと切り替わります
  • 今日は制限を無視:開いているアプリに休止時間が適用されなくなり、当日中は時間制限なしでアプリの使用を続けられます

休止時間の制限を強化するには

前述のとおり、休止時間中であっても、メニューを2回タップするだけでアプリを起動できてしまいます。つまり、休止時間の制約は、比較的容易に解除できてしまうわけです。意志が弱ければ、制約がうまく機能しないことも十分にありえます。

そこで、より制限を強固にすることも検討すべきでしょう。強固にする方法は簡単。休止時間中のアプリ起動にスクリーンタイム・パスコードを有効化するだけです。

スクリーンタイム・パスコードを設定していると、休止時間の設定画面に「休止時間中にブロック」の項目が出現するので、これをオンにしましょう。

「休止時間中にブロック」を有効にすると、休止時間中に許可されていないアプリの使用時間を延長する際に、時間延長の許可を求めるからスクリーンタイム・パスコードの入力が必要になります。スクリーンタイム・パスコードを入力すると、15分間、1時間もしくは終日から使用延長時間を選択できます。

なおあと1分を選ぶことで、パスコードを入力しなくても1分間だけ制限時間を超えてアプリを操作できるようになります。

スクリーンタイム・パスコードを入力する手間という障壁をひとつ設けるだけで、意志の弱さを乗り越えるきっかけになるはずです。

「App使用時間の制限」で使い過ぎているアプリジャンルに縛りをかける

「App使用時間の制限」は、アプリやアプリのジャンルごとに使用時間の制限を設定できる機能です。スクリーンタイムで確認した状況から、あまりに使用時間が長かったアプリを指定すれば、他のことに割ける時間が増えるかもしれません。

「スクリーンタイム」画面でApp使用時間の制限を選択し、制限を追加をタップします。ジャンルをタップすると、アプリの一覧が表示されるので、左端のをタップして制限したいアプリを選択します。

ジャンルごと選択することも可能です。制御したいアプリやジャンルを選んだら、次へをタップします。

アプリのカテゴリを選択すると、制限時間を設定できます。1日あたりの使用時間を決め、追加で設定は完了です。

制限時間は曜日ごとに異なる時間を設定できます。しかし、特定の曜日だけ制限をオフにすることはできないので、制限時間を設けたくない曜日には「23時間59分」と設定するとよいでしょう。1日の制限時間は午前0時に自動的にリセットされます。

なお、常に許可されたアプリは制限時間を設定できません。制限時間を付けたいアプリは、必ず「常に許可」を解除してから設定をおこなってください。

制限時間の5分前通知および制限時間超過時の案内画面は、休止時間と同様です。必要に応じて15分間延長するか、制限を無視するかを選択できます。

制限が追加されました。制限はいくつも追加できます。たとえばSNSは1時間、ゲームは30分というようにジャンルやアプリ別に制限時間を変えたいときは、複数の制限を追加してください。

スクリーンタイム・パスコードを設定する

「スクリーンタイム」画面から、数字4桁のスクリーンタイム・パスコードを設定できます。パスコードを設定すると、制限の延長や設定を変更するときに、パスコードが要求されるようになります。

スクリーンタイム・パスコードを使用をタップして4桁のパスコードを設定します。パスコードを忘れたときに復旧するためのApple IDとパスワードも入力します(キャンセルスキップでスキップも可能)。

スクリーンタイム・パスコードは、自分用でスクリーンタイムを使用する際に必須ではありません。しかし前述したとおり、休止時間や制限時間を延長したり無視したりするときに、パスコードの入力が必要になるので、自分の中の“最後の砦”として活用できます。

一般的に、スクリーンタイム・パスコードは子ども向けの機能制限に重要な役割を果たします。

デバイス間でスクリーンタイムを共有する

スクリーンタイムで記録しているデータは、同じApple IDを使ってiCloudにサインインしているデバイス間で共有できます。

「デバイス間で共有」をオンにするだけ

外ではiPhoneを持ち歩き、家ではiPadを楽しむようなスタイルでも、デバイス間の共有を設定すれば使用時間などのデータを1つにまとめてくれます。より正確な使用状況を把握するのに役立つ機能です。

ファミリー共有で子どものスマホ依存を防ぐ

ファミリー共有を設定している場合は、メンバーをタップしてスクリーンタイムをオンにするから、家族が使用しているiPhone・iPadにスクリーンタイムを設定できます。

ファミリーのスクリーンタイムを設定する機能を活用すれば、家族のiPhone使用状況の把握や休息時間、制限時間の設定ができるので、子どもがiPhoneを使いすぎるのを未然に防止する策として有用です。

子どものiPhoneにスクリーンタイムを設定する方法は、下記記事で詳しく解説しています。

検証バージョン
iPhone X
iOS
14.6
EDITED BY
TOKIWA