iPhoneを「懐中電灯」として使う方法──フラッシュライトの点け方から消し方、明るさ調整まで全解説

iPhoneを「懐中電灯」として使う方法──フラッシュライトの点け方から消し方、明るさ調整まで全解説

iPhone背面のLEDライト(LEDフラッシュ)は、カメラのフラッシュだけでなく懐中電灯(フラッシュライト)としても利用できます。

暗い場所で懐中電灯として使うにはかなり心許ないのかと思いきや、それなりに明るく周囲を照らすことができ、簡易的なライトとしては十二分の働きを見せてくれます。

本記事ではiPhoneのフラッシュライトの点け方と消し方、明るさを調節する方法を解説します。

フラッシュライトの点け方・消し方

iPhoneでフラッシュライトを点灯/消灯できるのは

の二箇所からです。

iPhone 8以前のホームボタンがないiPhoneでは、ロック画面にフラッシュライトの点灯/消灯ボタンが表示されません。

ロック画面からフラッシュライトを点ける・消す

iPhone 懐中電灯 点け方・消し方 iPhone 懐中電灯 点け方・消し方

左:フラッシュライトが「オフ」の状態右:フラッシュライトが「オン」の状態

iPhone X以降のホームボタンのない端末では、ロック画面にフラッシュライトボタンがあります。長押しすることで、フラッシュライトを点けたり消したりできます(タップが弱すぎると点かないので、少し強く押し込むのがコツ)。

ワンタップで懐中電灯のオン/オフを操作できるので、コントロールセンターを使うよりも簡単な方法です。

コントロールセンターからフラッシュライトを点ける・消す

フラッシュライトの点灯はコントロールセンターでも使用できます。コントロールセンターはホーム画面やロック画面を表示している時やアプリ利用時など、たいていの場面で呼び出すことが可能です。

iPhone 懐中電灯 点け方・消し方 iPhone 懐中電灯 点け方・消し方

左:フラッシュライトが「オフ」の状態右:フラッシュライトが「オン」の状態

コントロールセンター内にあるフラッシュライトボタンをタップすれば、フラッシュライトが点きます。

フラッシュライトが点灯している状態でもう一度フラッシュライトボタンをタップすると、フラッシュライトが消えます。

iPhone 懐中電灯 点け方・消し方

コントロールセンターを表示できないときは「App使用中のアクセス」を確認

アプリ利用中にコントロールセンターを表示できない場合、設定アプリから[コントロールセンター]を開き、[App使用中のアクセス]がオンになっているかどうかを確認しましょう。[App使用中のアクセス]がオフだと、アプリを利用している間はコントロールセンターを表示できません。

一瞬でフラッシュライトを消す小技

コントロールセンターからフラッシュライトを消す場合、コントロールセンターを呼び出した上でフラッシュライトボタンをタップする必要があり、少し面倒です。特にロック画面でコントロールセンターにアクセスできない設定にしている場合、iPhoneのロックを解除する手間も増えてしまいます。

そこで試してみてほしいのが、ロック画面から直接カメラアプリを起動させようとすることでフラッシュライトを消灯する方法。ロック画面を左に軽くスワイプするとカメラアプリが一部表示され、その段階でフラッシュライトは消える仕組みになっています。

iPhone 懐中電灯 一瞬で消す裏技

フラッシュライトはカメラ撮影時にフラッシュを焚くLEDライトを兼用しているので、カメラを起動させるとフラッシュライトが強制的に終了させられることとなります。

iPhone 懐中電灯 一瞬で消す裏技

画面を少しだけ左にスワイプするのがコツ。フラッシュライトボタンの表示に注目すると、カメラ起動前後で点灯状態から消灯状態に切り替わっていることが分かる

フラッシュライトの明るさを調整する方法

iPhone 懐中電灯 明るさ調節 iPhone 懐中電灯 明るさ調節

フラッシュライトを点灯させるとき、フラッシュライトボタンを強押し/長押しすると、クイックアクション機能によって明るさを4段階から選択できます。点灯中でも同様にクイックアクションを利用できます。

iPhone 懐中電灯 明るさ調節

メーターを一番下にするとフラッシュライトが消える

検証端末:iPhone XR(iOS 13.3)

EDITED BY AO