iPhoneを傾ける/触ると画面が勝手につく? 設定をオフにする方法

iPhoneを傾ける/触ると画面が勝手につく? 設定をオフにする方法

iOS 10以降では、スリープ状態でiPhoneを持ち上げて手前に傾けると、画面のスリープを自動的に解除する「手前に傾けてスリープ解除」機能が備わっています。「手前に傾けてスリープ解除」機能に対応しているのは、iPhone 6s以降の機種です。

また、iPhone X以降の機種には画面を触るだけでスリープ状態を解除する「タップしてスリープ解除」機能が搭載されています。

これらのスリープ解除機能は、ロック画面またはホーム画面を簡単に表示できるという面では便利ですが、意図しないタイミングで勝手にiPhoneの画面がついて困るというユーザーも多いようです。

本記事では、「手前に傾けてスリープ解除」と「タップしてスリープ解除」の2つの設定をオフにする方法を解説します。

「手前に傾けてスリープ解除」をオフにする(iPhone 6s以降)

iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」機能をオフにする手順を説明します。

1「設定」アプリを開く

iPhone:設定アプリ

ホーム画面で「設定」アプリをタップします。

2[画面表示と明るさ]をタップする

iPhone 手前に傾けてスリープ解除をオフ

「設定」画面で[画面表示と明るさ]を選択します。

3「手前に傾けてスリープ解除」のスイッチをオフ

iPhone 手前に傾けてスリープ解除をオフ

「手前に傾けてスリープ解除」のスイッチをオフにする

「画面表示と明るさ」画面には「手前に傾けてスリープ解除」という項目とスイッチがあり、オンになっているのを確認できます。このスイッチをタップしてオフにします。これで、スリープ状態のときにiPhoneを持ちあげて手前に傾けても画面のスリープは解除されません。

元の設定に戻したい場合は、同じ要領で「手前に傾けてスリープ解除」のスイッチをオンにします。

iPhoneで自動ロック(スリープ)までの時間を変更する方法──iPadとの違いと低電力モード時の制限も解説

「タップしてスリープ解除」をオフにする(iPhone X以降)

iPhone X以降のモデルには、スリープ状態で画面をタップするとスリープが解除される(画面がつく)機能が追加されました。

ここでは「タップしてスリープ解除」機能をオフにする手順を説明します。

1「設定」アプリを開く

iPhone:設定アプリ

ホーム画面で「設定」アプリをタップします。

2[アクセシビリティ]をタップする

iPhone タップしてスリープ解除をオフ

「設定」画面で[アクセシビリティ]を選択します。

3[タッチ]をタップする

iPhone タップしてスリープ解除をオフ

「アクセシビリティ」の項目から[タッチ]を選択します。

4「タップしてスリープ解除」のスイッチをオフにする

iPhone 手前に傾けてスリープ解除をオフ

「タップしてスリープ解除」のスイッチをオフ

「タッチ」内の設定項目に「タップしてスリープ解除」という項目があるので、このスイッチをオフにしてください。これで、スリープ状態のiPhoneの画面をタップしてもスリープは解除されません。

元に戻したい場合は、同じ要領で「タップしてスリープ解除」のスイッチをオンにします。

スリープ解除設定のオフで誤作動防止やバッテリー節約効果も

上記のスリープ解除設定をオフにすると、ポケットやカバンの中で勝手にスリープ解除してしまう事態を予防できます。電話の発信などの誤作動や、画面点灯によるバッテリー消費を気にする必要がなくなるわけです。

iPhoneバッテリーの減りが早い時、電池を節約して駆動時間を長持ちさせる19の方法

検証端末:iPhone XS Max(iOS 13.3)

EDITED BY TOKIWA