iPhoneでアプリが「待機中」のままアップデートも削除もできない時の対処法まとめ

なぜ? iPhoneでアプリが「待機中」のままアップデートも削除もできない時の対処法まとめ

iPhoneやiPadでアプリをアップデート、あるいは新たにインストールしようとしたら、なぜか「待機中」と黒い表示になったまま直らなくなってしまったことはありませんか。

中止しようと思ってもできず、アップデートの再開もされないため、アプリが起動も削除もできないという状況にイライラが募るばかり。そこで本記事では、アプリが「待機中」のまま動かない場合に試したい対策をいくつか紹介します。

アプリの「待機中」とは、どんな状態?

文字通り、アプリのインストールを途中で待っている状態です。インストール中にバッテリーが切れてしまった、ネットワーク接続が不安定、Apple IDの認証に問題が発生している、iTunesとの同期が中断されたなど、原因は様々なものが考えられます。

いずれにせよインストールが正常に完了せず、そのアプリも使えない上に削除もできないという困った状況ですから、何らかの対処法が必要です。以下に紹介する方法を試してみることで、問題を改善できる可能性があります。

通信のリフレッシュ

iPhoneでアプリの「待機中」に陥る原因の一つとして、ネットワークの接続について挙げましたが、その場合は通信状態を変えるとうまくいくことがあります。

Wi-Fiのオン・オフ切り替え

iPhoneアプリ 待機中 Wi-Fi

まず画面右上を下へスワイプし(ホームボタンのある機種では画面下部を上にスワイプ)、コントロールセンターを表示します。次に、コントロールセンター左上にあるWi-Fiボタンをタップし、Wi-Fiのオン/オフを切り替えてみましょう。

なお、「設定」アプリから[Wi-Fi]と進んで、[Wi-Fi]のスイッチを切り替える(完全なオフ)方法をあります。

機内モードのオン・オフ切り替え

iPhoneアプリ 待機中 機内モード

Wi-Fiと同じく、機内モードのオン/オフを切り替えてみるのも一つの手段です。

コントロールセンターの左上にある飛行機ボタンをタップし、一度機内モードをオンにします。再びオフにすると通信がリフレッシュされ、「待機中」が改善される場合があります。

App Storeの雲マークから再ダウンロード

次いで試したいのが、App Storeから再びダウンロードするという方法。App Storeを開いて、現在「待機中」になっているアプリを検索します。

iPhoneアプリ 待機中 再ダウンロード

該当アプリの横に雲(クラウド)マークが表示されている時は、それをタップするとダウンロードし直すことができるので、そのまま再ダウンロード・インストールをおこないましょう。

ただし、インストール中のまま止まってしまっている場合は、この方法は使えません。また、再ダウンロードも完了しない時には、別の方法を試す必要があります。

App Storeでアプリのアップデートをキャンセルする

iPhoneアプリ 待機中 アップデートキャンセル

App Storeでアップデートが「待機中」となっているアプリを見たときに、ダウンロードもしくはインストールの進捗具合を示す円が表示されていたら、真ん中のストップボタンをタップし、アプリのアップデートをキャンセルしてみましょう。

アプリのアップデートが正常にキャンセルされると、再度アップデートボタンが表示されるので、再びアップデートをおこなってください。

Apple IDのサインアウト・再サインイン

通信リフレッシュや再ダウンロードで解決しない場合は、Apple IDの認証に何らかの問題が発生しているのかもしれません。Apple IDから一度サインアウトし、再びサインインすることで「待機中」が改善されることがあります。

iPhoneアプリ 待機中 サインアウト iPhoneアプリ 待機中 サインアウト

iPhoneの「設定」アプリから[iTunes StoreとApp Store]を開きます。

青字のApple IDの部分をタップし(Apple IDとパスワードを覚えておきましょう)、[サインアウト]を選択します。サインアウトが完了すると、いったんApp Storeとの接続が解除され、アプリをダウンロードできない状態になります。

iPhoneアプリ 待機中 サインイン iPhoneアプリ 待機中 サインイン

先ほどまでApple IDが表示されていた場所には、「サインイン」と表示されているはずです。

[サインイン]をタップし、Apple IDとパスワードを入力して再度サインインします。サインインが完了するとアプリのダウンロードが可能になるので、App Storeでアプリのダウンロードをやり直してみましょう。

iPhoneを再起動する

再起動はトラブル解消に有効な定番の手段です。iPhoneの再起動方法はすでに知っているかもしれませんが、基本的な手順をおさらいしておきます。

通常の再起動の方法

iPhoneを再起動する方法は機種によって異なります。

iPhoneアプリ 待機中 再起動

Image:Apple

「iPhone X以降」の場合、本体のサイドボタン(スリープボタン/スリープ解除ボタン/電源ボタン)といずれかの音量調節ボタンを電源オフスライダが表示されるまで押し続けます(約3~5秒間)。

iPhone X/XS/XR/11の電源オン/オフと強制再起動の方法

iPhoneアプリ 待機中 再起動

Image:Apple

「iPhone 8以前」の場合は、サイドボタンまたは上部のボタン(スリープボタン/スリープ解除ボタン/電源ボタン)を電源オフスライダが表示されるまで押し続けてください(約3~5秒間)。

iPhoneアプリ 待機中 再起動

「スライドで電源オフ」と表示されたら、パワーボタンを右側にスライドさせ電源を切ります。

電源はすぐには完全に切れないので、画面が消えてから数秒間待ってください。

iPhoneアプリ 待機中 再起動

電源が完全に切れたら、再び電源ボタンをAppleのリンゴマークが表示されるまで押し続けます(約3秒間)。

しばらくして、iPhoneが再起動します。

iPhoneの電源の入れ方と切り方、オン/オフで再起動する方法

強制的に再起動する方法

サイドボタンやホームボタンが効かない、通常の方法(上記)では再起動できないといったように、iPhoneが完全にフリーズしてしまった時は強制再起動する手があります。

iPhoneの強制再起動の方法は、再起動の方法よりも細かく機種によって分かれています。以下の記事で機種ごとの強制再起動の方法を解説しているので、参照してみてください。

検証端末:iPhone X(iOS 13.5.1)

EDITED BY TOKIWA