【iOS 15】アプリ間でファイルをドラッグ&ドロップする方法

iPhoneで直感的なファイル移動が実現

iPhoneで写真やPDFなどのデータを他のアプリで開くとき、これまではファイルを開きたいアプリからいちいち選択する必要がありました。しかし、iOS 15のアップデートで、アプリ間でファイルをドラッグ&ドロップできる機能が実装され、より直感的かつ素早くファイルの移動ができるようになっています。

ただ、ファイルのドラッグ&ドロップは少しコツがいるため、初めてやろうとすると戸惑ってしまうかもしれません。そこで本記事では、アプリ間のファイルのドラッグ&ドロップについて、手順ごとにやり方を詳しく解説します。

iOS 15ではアプリ間でファイルのドラッグ&ドロップが可能に

LINEに写真を添付したいときや、PDFファイルを別の場所に移したいときなど、PCでマウスを使うようにファイルをドラッグ&ドロップできたら便利だなと思ったことのあるユーザーは少なくないでしょう。

ついにiOS 15では、「写真」アプリから「LINE」アプリといったように、アプリ間をまたいでファイルをドラッグ&ドロップできるようになりました。

従来はアプリから写真やデータを探して添付するのが普通だった(画像はLINEアプリ)

これまでは、ファイルを使用したいアプリからデータを探して添付・移行する必要がありましたが、これからは使いたいファイルを目的のアプリにドロップするだけで、ファイルの移行や添付ができます。

ただし、現時点でドラッグ&ドロップに対応しているアプリはそれほど多くないようです。サードパーティ製アプリでこの機能が使えない場合は、今後の対応を待つほかありません。

iPhoneアプリ間でファイルをドラッグ&ドロップする方法

新機能のファイルのドラッグ&ドロップ機能は非常に魅力的であるものの、実際におこなうには少々コツが必要です。筆者も最初はスムーズな操作をするのに苦戦しました。

「写真」アプリからLINEにドラッグ&ドロップする際の一連の流れ

今回は「写真」アプリから写真データをLINEのトークで送信するケースを取り上げて、ドラッグ&ドロップの方法を解説します。

移したいファイルを長押しする

移したいファイルがあるアプリを開き、目当てのファイルを長押しします。するとファイルのプレビューとクイックアクションメニューが表示されるので、そのまま上方向にスワイプしてください。

他の指かもう片方の手でドロップ先のアプリを開く

ファイルから指は離さず、他の指やもう片方の手を使って画面下から上にスワイプしてマルチタスク画面を開き、ドロップ先のアプリを選択します。

ホーム画面からアプリを起動してもOK

マルチタスク画面にドロップ先のアプリがない場合は、ホーム画面からアプリを開いて起動します。ただし、この間もファイルから指を離してはいけません。

ドロップ先のアプリでファイルをドロップする

マルチタスク画面やホーム画面からドロップ先のアプリを開いたら、あとはドラッグしているファイルを適当な箇所にドロップします。ドロップ箇所やドロップ後の操作はアプリによって異なりますが、大まかな流れは大差ないでしょう。

写真を送信したいトークを他の指で選択するか、ドラッグした指をトークの上にしばらく重ねるとトークルームが開きます。トーク上でドラッグしているファイルの右上に「+」マークが表示されたら、ドラッグしているファイルから指を離して構いません。

「+」マークが出ていない状態で指を離してしまうと、ファイルのドラッグが無効となり最初からやり直すことになるので注意してください。

LINEの場合は、トークに送信するかの確認メッセージが出るので[送信]をタップします。なお、アプリによっては確認メッセージが表示されず、指を離したと同時にドロップ操作が完了するものもあります。

複数ファイルの選択も可能

iOS 15のファイルのドラッグ&ドロップでは、複数のファイルを同時に選択してドロップすることもできます。1つ目のファイルをドラッグしたら、長押しの指は離さず選択したいファイルをタップするだけでOKです。

なお、手元のiPhoneで検証してみたところ、100個以上のファイルが同時に選択できました。上限は100以上のどこかで設定されているかもしれませんが、iPhone上で数百個のファイルを手動で移行させるシチュエーションは現実的ではないでしょう。

検証バージョン
iPhone X
iOS
15
EDITED BY
TOKIWA