「調整さん」の使い方──作り方からLINE日程調整との使い分けまで

イベントの出欠確認に便利なスケジュールツール

「調整さん」は国内最大級のスケジュール調整ツールです。登録・ログインなしで大人数の出欠表をさくっと作成でき、その出欠状況も把握しやすいことから、会議や飲み会、同窓会、忘年会などの幹事を中心に利用されています。

本記事では、調整さんの使い方を解説。利用する前に知っておきたい特徴のほか、「LINE日程調整(スケジュール)」と比較した使い分けのコツなどもまとめているので参考にしてください。

「調整さん」とは?

調整さんとは

「調整さん」は、ミクステンドが運営する出欠表ツールです。ログインなしでOK、最短30秒で出欠表を作成できるといった手軽さから、累計利用者数は2500万人を突破しています。

アプリなどのダウンロードは不要で、パソコン・スマホどちらからでもブラウザで簡単にアクセスできます。登録可能人数に上限がないため、同窓会や結婚式二次会やといった大人数でのイベントにも活用できます。

登録・ログイン不要で出欠表が簡単に作成できる

登録・ログイン不要で出欠表が簡単に作成できる

会員登録やログインの必要がなく、サイトにアクセスするだけで最短30秒ほどで出欠表を作成できます。操作もいたってシンプルなので、Webサービスを使い慣れない人でも安心して利用できるのが根強い人気の理由です。

また、出欠表をCSV形式でダウンロードできるので、大人数でもソート機能を用いてスムーズに出欠情報の確認ができます。

URLを送る(共有する)だけで出欠確認ができる

URLを送るだけで出欠確認ができる
URLを送るだけで出欠確認ができる

メンバーの回答は◯△✕で示され、参加人数の多い日に色がつくので一目でわかります。

調整さんは、特に会員登録をしなくても利用できます。ネット環境があれば、スマホ、タブレット、パソコンからもいつでもアクセスできるので気軽に使うことが可能です。

キャラクター(アバター)を表示できる

キャラクター(アバター)を表示できる

調整さんには、出欠表に自動でキャラクター(アバター)が登場するユニークな機能も備わっています。パソコン版、スマホ版のどちらからでも使えます。

イベントの作成画面右上にある「イラスト」を「ON」にすると、回答がある度に出欠表にメンバーのキャラクター(アバター)がランダムに現れます。回答者が自分のキャラクターを選択することはできませんが、回答人数が一目で分かります。

【パソコン版】調整さんの使い方

パソコン版の調整さんで出欠表を作成して参加者にURLを送る手順と、参加者が送られてきたURLから出欠を入力する方法、入力した予定の直し方をそれぞれ紹介します。

主催者(幹事)が出欠表を作成してメンバーに共有する手順

主催者(幹事)が出欠表を作成してメンバーに共有する手順を解説します。

  1. 「調整さん」のウェブサイトにアクセス

    調整さんのトップページ

    調整さんのトップページ

    まずは、Webブラウザで調整さんのウェブサイトにアクセスします。

  2. イベント名、候補日程を入力する

    続いて、出欠表に必要な情報を入力していきます。

    イベント名、候補日程を入力

    イベント名を入力したら、候補日程を指定してください。いずれも入力が終わったら、[出欠表をつくる]をクリックします。

    必要事項などを伝えたい際には、任意でメモを入力することもできます。

  3. 作成した出欠表のURLをメールなどで共有する

    作成した出欠表をメールなどで共有する

    出欠表のURLが表示されるので、コピーしてメールやLINEなどで参加者に送りましょう。

参加者が出欠を入力する方法

参加者が送られてきたURLから出欠を入力する方法を解説します。

  1. URLを開く

    【出欠を入力する】をクリック

    送られてきたURLにアクセスしたら、メモに目を通して[出欠を入力する]をクリックしてください。

  2. 名前と出欠日程を入力

    名前と出欠日程を入力

    名前と出欠日程を入力し、主催者に伝えたいことがあればコメント欄に記入します。出欠は、「⚪︎」「△」「×」の3種類から当てはまるものを選択しましょう。

    最後に[入力する]をクリックします。

  3. 入力完了

    入力完了

    入力完了画面に移動し、「出欠の入力が完了しました」と表示されたら出欠の入力は完了です。

予定を修正する方法

一度入力した予定の修正も手軽にできます。手順を説明します。

  1. 再度URLにアクセスして、自分の名前をクリック

    自分の名前をクリック

    再度URLにアクセスしたら、自分の名前をクリックします。

  2. 出欠を編集する

    出欠を編集する

    修正したい出欠日程の変更ができたら、[更新する]を押してください。

  3. 修正の反映を確認

    修正の反映を確認

    修正は完了したら念のため、URLにアクセスし修正が反映されていることを確認しましょう。

【スマホ版】調整さんの使い方

スマホでも基本的な操作手順はPCのときと変わりません。ただし、iOS/Android版ともに「調整さん」アプリの提供はないため、SafariやChromeなどのウェブブラウザからのみの利用となります。

スマホのブラウザで出欠表を作成して参加者にURLを送る方法と、参加者が送られてきたURLから出欠を入力する手順、入力した予定の直し方をそれぞれ紹介します。

主催者(幹事)が出欠表を作成してメンバーに共有する手順

主催者(幹事)が出欠表を作成してメンバーにURLを送る方法を紹介します。

  1. ブラウザで調整さんのウェブサイトにアクセス

    ブラウザで調整さんのウェブサイトにアクセス

    スマホのブラウザから調整さんのウェブサイトにアクセスし、[イベントをつくる]をタップします。

  2. 候補日時とイベント名を入力

    候補日時とイベント名を入力
    候補日時とイベント名を入力
    候補日時とイベント名を入力

    カレンダーの日付をタップして候補日時を指定します。時刻はあらかじめ19時に設定されているので、希望の時刻を直接入力してください。

    続いて、イベント名とメモ(任意)を記入します。それぞれ入力できたら、内容を確認して[イベントをつくる]をタップします。

  3. 出欠表のURLを共有する

    出欠表のURLを共有する

    出欠表のURLが生成されます。

    URLをコピーし、メールで送信したりSNSのグループページに投稿したりして、メンバーに共有しましょう。

参加者が出欠を入力する方法

参加者が出欠を入力する手順を解説します。

  1. 共有されたリンク先(出欠表ページ)にアクセス

    URLにアクセス
    URLにアクセス

    共有されたリンク先(出欠表ページ)にアクセスしたら、画面を下方向にスクロールして[出欠を入力する]をタップします。

  2. 名前と出欠を入力

    名前と出欠を入力
    名前と出欠を入力

    名前と出欠を入力し、主催者に伝えたいことがあればコメント欄に記入します。

    最後に[入力する]をタップすると、出欠の入力は完了です。

予定を修正する方法

一度入力した予定日時を修正する手順を説明します。

  1. URLに再度アクセス

    URLに再度アクセス

    URLに再度アクセスし、自分の名前をタップします。

  2. 日程を編集する

    日程を編集する

    日程を修正したら、[更新する]を押してください。

  3. 修正完了

    修正完了

    修正が完了すると、日程候補の確認画面が表示されます。念のため、再度URLにアクセスし修正が反映されていることを確認しましょう。

調整さんとLINE日程調整、使い分けのポイントは?

日程調整の2大ツールである「調整さん」と「LINE日程調整」。LINE日程調整の特徴について解説したうえで、調整さんとどう使い分けるのが得策かまとめてみました。

そもそも「LINE日程調整」とは?

調整さんとよく似た機能を持ったツールのなかでも知名度が高いのが「LINE日程調整(スケジュール)」です。LINEのグループまたは友だちを選ぶだけで出欠表が送れるので、LINE上で日程調整が完結する便利さが人気です。

トーク画面の[+]ボタンをタップし、[日程調整]を選択

トーク画面の[+]ボタンをタップし、[日程調整]を選択

イベント名、日程などを決めたら[メンバー招待]をタップ

イベント名、日程などを決めたら[メンバー招待]をタップ

メッセージを決めて[送信]を押す

メッセージを決めて[送信]を押す

LINE日程調整には、事前にスケジュールを作って個別に送信する方法や、LINEグループでそのまま作成して共有する手順などがあります。上記3枚の画像は、LINEグループから直接スケジュールを作成しているときの手順です。

[今すぐ確認]をタップして日程調整をする

[今すぐ確認]をタップして日程調整をする

参加人数の多い日も分かりやすい

参加人数の多い日も分かりやすい

通常のトーク画面のほか、ノートにもイベントが投稿されるので、トークに参加できなかった場合でも直接確認ができます。メンバーから回答があっても通知はされないので、イベントの主催者は定期的にLINE日程調整を確認する必要があります。

LINEユーザーを対象としたツールですが、イベントのURLが生成されるのでLINE以外の方法で友人と情報をシェアすることもできます。

LINEスケジュールが適しているケース

  • 参加メンバーが複数グループにまたがる
  • メンバーを簡単に追加したい
  • 開催日のみをサクッと決めたい
  • メンバーにLINEユーザーが多い
  • 単純に招待メンバーの出欠のみを確認したい
  • 出欠の通知は不要

グループ作成やメンバーの追加が簡単にできるLINEは、参加者のほとんどがLINEユーザーであればとにかく便利です。

ただ、開催時間を指定できないのが難点です。開催日をサクッと決めるのには最適ですが、日程が確定した後に開始時間などを決めなければなりません。出欠の有無だけでなく参加者の意向を聞き取りたい場合や開催される時刻が重要な場合などは、機能的に調整さんのほうが適していると言えるでしょう。

調整さんが適しているケース

  • 参加メンバーが流動的でなく固定されている
  • 開催時刻が重要
  • 参加メンバーとLINE友だちになっていない
  • 参加者の意向を聞き取りたい
  • 出欠を通知でいち早く確認したい

イベントの開催時刻があらかじめ「19:00」に設定されていて、必ず修正しないといけない調整さん。ひと手間かかりますが、参加メンバーも指定されている開始時間が事前に確認できるので、イベントに合わせて具体的な予定を立てやすくなります。

さらに、URLにアクセスするだけで手軽に出欠表でメンバーのコメントも確認できるため、出欠だけでなく全体の意向を知りたい場合にも適しています。

そのほかの便利な日程調整ツール

「調整さん」と「LINE日程調整」のほかにも、便利な日程調整ツールはあります。ここでは、「調整丸」と「伝助」を紹介します。

参加メンバーがお店選びに参加できる「調整丸」

グルメ情報検索サイト「ぐるなび」が提供する日程調整ツールが「調整丸」です。飲み会などの候補店をぐるなびから検索・追加することができ、参加者は出欠確認ページでお店の詳しい情報を見ることができるので事前にミスマッチを防げます。

[日程を決める]をタップ
URLを共有
共有する相手を選択したら、[転送]をタップ

パソコンまたはスマホのWebブラウザからサイトにアクセスして利用します。イベントのURLをコピー&ペーストして出欠表を送付することもできますし、LINE上で友だちを選択して送ることもできます。

回答すると、作成者にメールで通知がくる

回答すると、作成者にメールで通知がくる

候補日程の出欠状況が一目で確認できる

候補日程の出欠状況が一目で確認できる

メールアドレス(任意)を入力することでメンバーから回答があった際に通知を受けることができるので、都度確認する手間が省けます。さらに、候補日程の出欠状況も一目で分かります。

誰でも自由に編集できる「伝助」

伝助」は、回答者も含めて編集が可能な日程調整ツールです。会員登録なども不要で、誰でも無料で利用できます。

「イベント名」「候補日程」「回答の選択肢」などを決めたら、[次に進む]を押す

「イベント名」「候補日程」「回答の選択肢」などを決めたら、[次に進む]を押す

[イベントを新規作成する]をタップしてイベントの作成を進めていく

[イベントを新規作成する]をタップしてイベントの作成を進めていく

確認画面で[作成する]をタップすれば、イベント作成は完了

確認画面で[作成する]をタップすれば、イベント作成は完了

スマホのブラウザなどで「伝助」のページにアクセスし、[イベントを新規作成する]からイベントの作成を進めていきます。

他の日程調整ツールと同様に、イベント名や日程などを入力してイベントを作成。生成されたURLをSNSやメールなどで友だちに共有して回答してもらいます。

イベント作成後には、回答専用のURL(上)と、イベントを編集できるURL(下)が発行される

イベント作成後には、回答専用のURL(上)と、イベントを編集できるURL(下)が発行される

回答専用のURLを開いたら、名前を入力して回答する

回答専用のURLを開いたら、名前を入力して回答する

イベントを編集できるURLにアクセスすると、編集画面が表示される

イベントを編集できるURLにアクセスすると、編集画面が表示される

伝助では、イベント作成後に回答専用のURLと、イベントを編集できるURLの2つが発行されます。イベントを編集できるURLにアクセスすると、イベント名や日時、コメントなどを変更することが可能になります。

作成したイベントを誰もが編集できるのは便利ですが、収拾が付かなくなるので、日時を回答してもらうだけなら回答のURLのみを共有するようにしましょう。

EDITED BY
KON