Netflix(ネットフリックス)でアカウントを共有する方法

Netflixでアカウントを共有する方法

Netflix(ネットフリックス)は豊富なオリジナル作品を提供しており、日本でもファンの多い動画配信サービスです。Netflixで配信されているコンテンツを楽しむには、自身で新たに契約する方法と、すでに契約している家族からアカウントをシェアしてもらう方法があります。

本記事では、Netflixのアカウントを家族と共有する方法と、その際に注意すべき点を解説していきます。

Netflixでは「プロフィール」を作成してアカウントを共有する

Netflixの魅力の一つとして挙げられるのが、オリジナルコンテンツの充実度です。Netflix独占配信ながら、社会現象を引き起こすほどの話題作もたびたび登場しています。

「話題のあの作品を見てみたいけれど、新しく契約するのはお金が……」という人におすすめなのがアカウントの共有機能です。家族内ですでにNetflixを契約している人がいれば、アカウントを共有してもらうことで追加で月額料金を支払わなくてもNetflixのサービスを利用できます。

Netflixは、1つのアカウント内に複数のプロフィールが作成可能で(最大5個)、マイリストや視聴履歴をプロフィールごとに分けて管理できます。たとえば4人家族の場合は、1つのアカウントに4つのプロフィールを作って共有できるのです。

アカウント共有のためのプロフィールを作成する方法

Netflixでアカウントを共有する手順について紹介します。

1シェア用のプロフィールを作成する

まず、Netflixに契約している本人の端末で、シェアする相手が使うためのプロフィールを作成します。新しいプロフィールを作らなくてもシェアは可能ですが、マイリストや視聴履歴が相手のものと混在してしまうので新規プロフィールの作成をおすすめします。

Netflix プロフィール作成 Netflix プロフィール作成

新しいプロフィールの追加は、Netflixアプリを開いて最初に表示される画面か、「その他」タブから可能です。「プロフィールの追加」と書かれた[+]をタップしてください。

Netflix プロフィール作成

新しく作るプロフィールの名前を設定します。誰が使うのか分かりやすい名前にしておくとよいでしょう。名前を入力したら[保存]をタップしてプロフィールの作成は完了です。

なお、新しく作るプロフィールが子ども用である場合は、名前入力欄の下にある「キッズ」のスイッチをオンにしておきましょう。年齢制限のあるコンテンツへのアクセスができなくなります。

2Netflixアプリをインストールする

次に、アカウントをシェアしたい端末にNetflixアプリをインストールします。iPhoneかiPadであればApp Storeから、AndroidスマホであればGoogle Playからアプリをインストールしてください。

3シェアする相手の端末でNetflixにログインする

Netflix プロフィール作成 Netflix プロフィール作成

アカウントをシェアする相手の端末でインストールしたNetflixアプリを開き、契約者のIDとパスワードでログインします。

Netflix プロフィール作成

ログインに成功すると、プロフィールの一覧が表示されます。これでアカウントのシェアは完了です。シェア相手には、専用のプロフィールを使ってもらうように伝えておきましょう。

Netflixでアカウントを共有するときの注意点

Netflixのアカウントをシェアする際に注意すべき点を解説します。

契約プランによって同時視聴端末数が異なる

Netflixは、「ベーシックプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」のいずれかからプランを選んで契約します。

Netflix(ネットフリックス)料金プランの違いとは? 支払いやプラン変更の方法も解説

契約したプランによって、同時にコンテンツを再生できる端末数が異なるので、事前の確認が必須です。プランごとの同時視聴端末数を下表にまとめました。

契約プラン 同時視聴数
ベーシックプラン 1
スタンダードプラン 2
プレミアムプラン 4

ベーシックプランは最も月額料金の安いプランですが、その反面、同時視聴端末数が1台に制限されています。他の端末とは同時にコンテンツを再生できません。

ただし、この「同時視聴数」はストリーミング再生時の同時視聴のことを指します。ダウンロードした作品を再生したとしても、同時視聴数としてはカウントされません。ベーシックプランであっても、2台目の端末がダウンロードしたコンテンツを再生していれば、同時に2台までコンテンツを視聴できるのです。

Netflix 同時視聴数

同時視聴数が制限を超えているときの警告画面。動画の再生もストップしてしまう

とはいえ、いちいちコンテンツをダウンロードしてから再生するというのは手間になる上、シェアしている相手の都合を考えながらでは快適にサービスを利用できません。ベーシックプランを契約していてアカウントをシェアするつもりなのであれば、契約プランのアップグレードをおすすめします。

また、スタンダードプランとプレミアムプランであっても、同時視聴数以上の相手とのシェアはトラブルの元となりかねないので、避けたほうが無難でしょう。

作品のダウンロード数の上限に注意

同時視聴制限の回避策としても使えるダウンロード機能は、保存できる作品の数に上限が設定されています。

Netflix ダウンロード数制限

ダウンロード作品数が上限(100点)に達したときの警告メッセージ

Netflixの場合、1台の端末につき100点までの作品をダウンロードできます。なお、ダウンロードした作品を保存しておける端末数は、各プランの同時視聴端末数と同じです。

アカウント単位でのカウントではなく、1台の端末ごとに100点もの作品数をダウンロードできるので、よほど多くの作品を持ち歩かない限り困ることはないでしょう。

ただ、ダウンロードした作品が1点でも残っていると、ダウンロードに使用している端末数にカウントされてしまいます。せっかくダウンロードしようと思ったのに端末数制限に引っかかってしまった、というケースを防ぐためにも、ダウンロードした作品は見たらすぐ消すなどのルールを周知しておくなどの対策を講じましょう。

【Netflix】動画ダウンロード・オフライン再生機能で知っておきたいこと 全解説【iPhone/Android】

自分のマイリストや視聴履歴は隠せない

Netflixのアカウント内に作成したプロフィールには、暗証番号やパスワードなどは設定できず、アカウントをシェアしている人は誰のプロフィールであっても自由にアクセスできてしまいます。つまり、自分の作成したマイリストや視聴履歴は常にシェアした相手に公開されている状態というわけです。

シェアする相手に他の人のプロフィールを見ないように頼む以外に有効な手立てはありません。自分のマイリストや視聴履歴を見られたくない人は、アカウントシェアをおこなわないほうがよいでしょう。

家庭以外(恋人や友人、別居の親族など)での共有は不可

Netflixの利用規約では、恋人や友人、別居の親族などとのアカウント共有は禁止されています。

4.2. Netflixサービスおよび当該サービスを通じて視聴されるコンテンツは、お客様の個人的な非商業的用途に限るものとし、お客様のご家庭以外の方と共有することはできません。 お客様のNetflixメンバーシップ期間中、Netflixはお客様に対して、Netflixサービスにアクセスし、Netflixコンテンツを視聴するための限定的、非独占的、譲渡不可能な権利を付与します。 上記を除き、お客様にはいかなる権利、所有権または権益も譲渡されません。 お客様は公の場での上映のために当サービスを利用しないことに同意します。(赤字は筆者)

Netflix利用規約

Netflixサービスは「お客様のご家庭以外の方と共有することはできません。」とある以上、アカウントを共有できる相手は同一世帯内に限定されます。

なお、Netflixの電話サポートに問い合わせたところ、「家族以外の人とアカウントを共有していただいても大丈夫です」との回答を得られました。規約上はNGではあるものの、実際の運用上はグレーな取り扱いがなされているようです。

EDITED BY TOKIWA