iPhoneのSafariで閲覧ページをPC(デスクトップ)向け表示に変更する2つの方法

2019-03-01 15:39
記事タイトルとURLをコピーする

Safari for iOS

iPhoneのデフォルトブラウザである「Safari」でウェブサイトを閲覧しているとき、スマホ向けサイトではなくPC(デスクトップ)向けサイトを表示したいという需要は少なからず存在します。スマホ向けのデザインが気に入らなかったり、スマホ向けサイトでは機能が制限されていたりするからです。

スマホ向けサイトとデスクトップ向けサイト

スマホ向けサイトからPC向けサイトに切り替え

SafariにはPC表示に切り替える方法が2つ用意されています。そこで今回は、SafariからPC表示を利用する方法を説明します。

方法1:共有ボタンからPC表示に変更する

まず1つ目は、共有ボタンをタップしたときに表示されるシェアシートから[デスクトップ用サイトを表示]を呼び出す方法です。

1Safariで共有ボタンをタップする。

共有ボタンをタップする

2シェアシート下段のアクションオプションから[デスクトップ用サイトを表示]を探し、タップする。

デスクトップ用サイトを表示

注意
PC表示に切り替わらないサイトがある?

本記事で紹介している方法は、デバイスの種類に応じて表示するページを変える仕組みを採用しているウェブサイトに適用できるものです。

しかし、すべてのウェブサイトがそのような仕組みを採用しているわけではありません。特に最近では、デバイスの種類で表示するページを変更するのではなく、画面サイズに応じて同じページを異なるデザインで表示するレスポンシブデザインを導入しているサイトが増えています。そのような場合、PC表示に切り替えようとしても期待した効果は得られないでしょう。

方法2:リロードボタンからPC表示に変更する

2つ目は、検索フィールド内の小さなリロードボタンを長押ししてメニューを表示する方法です。覚えてしまえば、こちらのほうがすばやく操作できるのでおすすめです。

1Safariで検索フィールドの右端にあるリロードボタンを長押しする。

リロードボタンを長押し

2画面下部に[デスクトップ用サイトを表示]ボタンが表示されるのでタップする。

デスクトップ用サイトを表示

モバイル表示に戻すには?

PC表示に切り替えたあと、やっぱりスマホ向けのモバイル表示に戻したいと思うことがあるかもしれません。この場合は新しいタブを開いてWebサイトにアクセスし直すか、またはSafariを再起動します。再起動するときは、マルチタスク画面を開いて、Safariをいったん閉じてから再び起動し直します。

1マルチタスク画面でSafariの画面を上にスワイプして終了する。

マルチタスク画面

iPhoneでアプリを強制終了させる方法

2Safariを再起動するとモバイル表示に戻っている。

Safariを再起動する