佐藤健が5Gを体験、ドコモが考える5Gの構想と新サービスとは?

佐藤健が5Gを体験、ドコモが考える5Gの構想と新サービスとは?

株式会社NTTドコモは2019年9月18日に開かれたイベント「NTTドコモ 5Gプレサービス発表会『5G OPEN DAY』」にて、2020年春から開始する次世代通信サービス「5G」の商用サービスに向け、2019年9月20日からプレサービスを開始すると発表した。

また、NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏が登壇し、ドコモが描いている5Gの構想や、パートナー企業と共創する新サービスについても紹介。俳優の佐藤健氏も登場し、5Gのプレサービスを体験した感想を語った。

5G本格始動を目前に、先陣を切ったドコモ

2019年9月20日から、ドコモの5Gのプレサービスが開始する。2020年春に始まる商用サービスと同じ周波数帯やネットワークを利用し、5Gの実用化に向けた本格的なスタートと位置付けているという。

ドコモ5Gプレサービス発表会 吉澤和弘氏 佐藤健氏

イベントに登壇したNTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏(左)と、俳優の佐藤健氏(右)

5Gは「高速大容量」「低遅延」「多数接続」という3つの特徴がある。4G時代の今よりも快適にインターネットを利用できると言われており、IoTへの期待も高まっている。

そんな中、NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏は、ドコモの5G展開について「『はじまる、開く、開かれている』という意味をこめた『5G OPEN』をキーワードとし、5Gが新しい生活や社会への扉を開くものと捉えて、多くのパートナーといろんな可能性を広げていきたい」と意気込みを語った。

5G電波は3種類、実用化に向けて抱える課題も

NTTドコモは、5G提供を本格的に始動するにあたり、新体制を発表。まず気になるのは、5Gのネットワークについてだろう。NTTドコモは、sub-6と呼ばれる3.7GHz帯、4.5GHz帯と、ミリ波と呼ばれる28GHz帯の電波を利用する。

ドコモ5Gプレサービス発表会 プレサービスでのネットワーク環境

プレサービスでのネットワーク環境。LTEに比べ、5Gの周波数帯は電波が届きにくく、実用化の難易度が高いとされている

それぞれの5G電波には特徴がある。4.5GHz帯は3.7GHz帯を共存して利用できるため、場所によって両電波を使い分けられる。一方、ミリ波は3.7GHz帯・4.5GHz帯と比べて広い帯域の使用が可能になるため、5Gの特徴である高速大容量のポテンシャルを最大限に生かせると期待されている。

しかし、遠くまで電波が届きにくいという特徴もあり、実用化に向けた難易度が高く、さまざまな技術が必要とされている。「提携する企業と連携して実用化の準備を行い、環境を整えている最中だ」(吉澤氏)。

「5Gプレサービス」開始時の最大通信速度
電波の種類 送受信 最大通信速度
ミリ波 受信時 3.2Gbps
送信時 202Mbps
Sub6 受信時 2.4Gbps
送信時 107Mbps

2020年までに47都道府県へ5G基地局を展開

ドコモ5Gプレサービス発表会 基地局展開計画

基盤展開率97%も前倒しでの達成を検討中。5Gにかかわる技術者は、総勢約1万人超。ドコモグループの総力が結集する

また、基地局の展開も計画中だ。基本的に、必要なエリアから開始するとし「2020年6月末までに47都道府県へ5G基地局を展開し、2021年度は1万局の構築を目指す予定。さらに、2024年に5G基地局数26,334局を設立し、97%の基盤展開率を目標に進めていきたい」と語る吉澤社長。

5G商用サービス開始までにエリア化される主なスポット
  • スタジアム、球場(札幌ドーム、東京スタジアム、横浜国際総合競技場、小笠山総合運動公園エコパスタジアム、豊田スタジアム、東大阪市花園ラグビー場、阪神甲子園球場、神戸市御崎公園球技場、大分スポーツ公園総合競技場、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島、福岡ヤフオク!ドーム)
  • 札幌、仙台、金沢、大阪、京都、高松の各駅
  • 東京国際空港、成田国際空港、関西国際空港
  • 一部のドコモショップ店舗

より低コストで安定した5Gへのシステムづくりに着手

さらに、より低コストで自由度の高い5Gネットワークを構築するため、ネットワークが通信の中枢として用いる大容量の通信回線「コアネットワーク」の仮想化や、複数ベンダーでの相互接続を推進していくことを発表した。

ドコモ5Gプレサービス発表会 自由度の高い5Gネットワークへ

ベンダクロスには富士通、NEC、NOKIAが参加

ネットワークの仮想化(NFV)とは、ネットワーク機器の機能をソフトウェアとして提供する機能で、いわゆる仮想マシンを使う技術のこと。

「ドコモのコアネットワークはLTEでも約40%仮想化が実現しているが、今後は5Gネットワークの中でも完全な仮想化を目指す。また、5Gを効率的かつ迅速に提供するため、世界のオペレーターあるいはベンダーとORAN Allianceを立ち上げた。これにより、今までは実現が難しかった、複数ベンダーでの相互の接続を可能にし、親局と子局がどのようなベンダーの組み合わせでも接続できるようにしていきたい」(吉澤社長)。

5Gを利用するためには、専用のデバイスが必要

5Gを利用するためには、専用のデバイスが必要になる。そこで、吉澤社長は4つの新機種を発表した。

ドコモ5Gプレサービス発表会 5Gプレサービス対応端末

企業やユーザーが5Gを体験できるよう、4機種合計で7000台を用意。ただし、今回使用する端末の一般販売はしない方針だ

5Gプレサービスでは、ソニーモバイルコミュニケーションズとサムスン電子、LGエレクトロニクスの3社からスマートフォン3機種を、シャープからデータ通信端末1機種を使用する。これにより、スポーツ観戦やミュージックライブ、ゲーム、旅行などで新しい体験ができるようになる。

ドコモ5Gプレサービス発表会 マルチアングル観戦を楽しむ佐藤健氏

マルチアングル観戦を楽しむ佐藤健氏。ストレスなくスムーズに表示され、画面を切り替えていろいろな角度から選手や監督の表情を見られるのが嬉しい、と語る

例えば、ドコモはラグビーワールドカップ2019のトーナメントサプライヤーとなっており、初戦となる9月20日の日本戦を5Gで生中継して、汐留のイベント会場でライブビューイングイベントを実施する予定だ。

そこでは、試合会場であるスタジオに配置したいくつものカメラを自由に切り替えて観戦できるマルチアングル観戦などが楽しめる。実際に、LG Electronics Inc.の2画面の端末を利用し、佐藤健氏がラグビーの観戦を体験した。

吉澤社長は今後展開する5Gについて、「5Gスマートフォンをハブとして、周辺デバイスと連携して新たな体験を提供する世界、マイネットワーク構想を思い描いている」と構想を語った。

ビジネス面では、社会問題を解決する一助に

さらに吉澤社長は「課題を持つ業界をパートナーの多様な技術を組み合わせて解決するのが5G時代のビジネス」と考え、さまざまな企業と共創して社会問題を解決していく方針を掲げている。デバイスの提供だけでなく、VRゴーグルを利用した働き方改革にも取り組んでいく方針だ。

ドコモ5Gプレサービス発表会 ドコモ5Gオープンパートナープログラム

ドコモ5Gオープンパートナープログラムと題し、3000を超える企業・団体と共創する

NTTドコモは、2018年2月からドコモ5Gオープンパートナープログラムをスタートし、パートナーと5Gを活用してさまざまな課題を解決する取り組みを開始。現在は3000を超える企業や団体が参加し、197件のトライアルを実施するなど、新たなサービスやソリューションの開発に尽力している。会場では事例の一部が紹介された。

仮想空間で描画体験、自動車デザインの新しいワークフロー

ワコムはペンタブレットの会社で、創業以来36年間、クリエイターやデザイナーなどプロに向けて創作ツールを提供してきた。ワコム製品は映画製作やアニメ、マンガ、服や靴、自動車、工業デザイン、ゲームコンテンツとクリエーションなど、さまざまな分野で広く活用されており、ドコモと共創することによって空間や場所に縛られず、新しい創作環境を生み出すことを試みている。

ドコモ5Gプレサービス発表会 株式会社ワコム代表取締役社長兼CEO、井出信孝氏

株式会社ワコム代表取締役社長兼CEO、井出信孝氏

ワコムが提供するのは、ドコモの5Gネットワークを利用してXR(またはxR)の仮想空間で描画体験をするというもの。XR とは「cross reality」の略で、VR、AR、MR、SRなどの先端技術の総称の事を指している。

ドコモ5Gプレサービス発表会 XR環境におけるワークフロー革新例

5Gネットワークを利用したXR環境で自動車デザインの工程が劇的に変化する

これまでの自動車デザインの工程は、手書きで自動車のデザインをスケッチし、それを3Dのキャビネに落として、粘土の実物大のクレーンモデルに仕立て、討議しながら何度もその工程を繰り返す、というもの。

ところが、XR環境を導入すると、デザイナーがリアルタイムで実物大の外装デザインを作れるようになる。ゴーグルを外すと2Dの画面に書いた同じデータが表示され、ワコムのペンで精緻に修正できるのだ。つまり、2Dと3Dのシームレスな体験ができるということ。他にも、遠隔地のいろんなデザイナーがコラボするといったことも考えているという。

プロの本格的なゴルフレッスンが場所を選ばず受講できる

ドコモ5Gプレサービス発表会 5Gによるゴルフ業界の活性化

「5GやAIといったドコモのアセットを活用することで、もっとゴルフ業界を盛り上げていきたい」と語るのは、日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘氏

また、公益社団法人日本プロゴルフ協会(以下、PGA)とも協業し、一般社団法人PGAゴルフアカデミーが提供する独自のゴルフレッスンプログラム「PGAメソッド」による遠隔レッスンの提供を2019年12月から実証実験として開始することが決定した。

今までは、PGA公認のティーチングプロ(プロゴルファーの資格の1つ)が在籍する限られたPGAゴルフアカデミー加盟店でしか受講できなかった「PGAメソッド」のゴルフレッスンだが、ドコモの5Gを利用することで、全国各地のゴルフ場やゴルフ練習場でも受講できるようになる。

日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘氏は、この取り組みによって、新規ゴルファーの獲得やゴルフ人口の裾野を拡大することにつながると期待を込める。

「オープンラボ」では全国11拠点で5Gが体験できる

ドコモ5Gプレサービス発表会 ドコモ5Gオープンラボ

2019年9月20日から、5G技術検証環境を4拠点から11拠点に拡大

さらにドコモは、5Gプレサービスの開始に合わせて、5Gの技術検証を行えるオープンラボを従来の4拠点から11拠点に拡大展開させた。また、9月20日からは東名阪の一部のドコモショップ、計4店舗に5Gの体験コーナーを設置。年内には10数店舗展開する予定で、5G端末を用いたさまざまなサービスがドコモショップで体験できる。ドコモの5Gを体験したい人は、ぜひ訪れてみてほしい。

ドコモ5Gオープンラボ
拠点 地区 名称 開設場所
新規開設拠点 北海道 ドコモ5Gオープンラボ HOKKAIDO 北海道札幌市中央区北1条西14丁目6番地ドコモ北海道ビル
東北 ドコモ5Gオープンラボ Sendai 宮城県仙台市青葉区上杉1-1-2ドコモ東北ビル
東海 ドコモ5Gオープンラボ Nagoya 愛知県名古屋市東区東桜1-1-10アーバンネット名古屋ビル
北陸 ドコモ5Gオープンラボ Kanazawa 石川県金沢市西都一丁目5番地ドコモ金沢西都ビル
中国 ドコモ5Gオープンラボ HIROSHIMA 広島県広島市中区大手町四丁目1番8号ドコモ広島大手町ビル
四国 ドコモ5Gオープンラボ SHIKOKU 香川県高松市天神前9番1号ドコモ四国ビル
九州 ドコモ5Gオープンラボ FUKUOKA 福岡県福岡市中央区渡辺通2-6-1西鉄薬院駅ビル
開設済み拠点 中央 ドコモ5Gオープンラボ Yotsuya 東京都新宿区新宿5-7-20ドコモ新四谷ビル地下1階
関西 ドコモ5Gオープンラボ OSAKA 大阪市北区梅田1-10-1梅田DTタワー
沖縄 ドコモ5Gオープンラボ OKINAWA 沖縄県那覇市銘苅2丁目3番1号メカル ヨン_ゴ(なは産業支援センター)
グアム ドコモ5Gオープンラボ GUAM 890 Marine Corps Drive Tamuning,Guam 96913
5G体験コーナー
  • d garden五反田店
  • ドコモショップ丸の内店
  • ドコモスマートフォンラウンジ名古屋
  • ドコモショップグランフロント大阪店

構成・文:吉成 早紀
編集:アプリオ編集部

EDITED BY SORA